未分類

ダラダラと

投稿日:

今日は昨日のたてたスケジュール通りダラダラしていました。このダラダラという言葉はいったいどこからダラダラと名付けられたのでしょうか。ちょっと考えてみれば不思議です、なぜダラダラという言葉が、というかダラダラという言葉は他にどのように置き換えることができるのでしょうか。ダラダラについてちょっと考えてみると、

・テキパキの対義語である(そもそもテキパキとは)
・なんとなく負のイメージ
・タラタラよりももっと程度が大きい様子(タラタラは意図的ではないが、ダラダラは意図的なイメージ)
・ダラーっとからきている?

このように考えてみるとダラーっとから派生しているのではないかと考えられます。では次にダラーっとについて考えてみると、

・テキパキの対義語である(テキパキとは)
・なんとなく負のイメージ
・上から何か落ちてくるイメージ

それでは次になぜダラーっが上から落ちてくるイメージに繋がるのでしょうか。もうそろそろ限界に近づいていたような気がするのですが、おそらくこの伸ばし棒がキーワードなような気がします。なぜなら、ダラはダラダラとはまた違うイメージを抱くからです。普段から何気なくこのダラダラを使っているのですが、その言葉の意味を考えてみると面白いですね。いつからダラダラが概念として定着していたのでしょうか、そろそろギブアップをしたいと思います。

結論

調べてみるとオノマトペと呼ばれる自然の音や声、状態や様子を象徴的に表した言語表現の一種だということがわかりました。これといった明確な語源があるわけではなく、その様子だったりイメージを言語で表現するなら結果として「ダラダラ」となったというのはなんとも面白い結果だと思いました。こういう言語の起源を調べる言語学というのも魅力的です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

面接終わりました

 予定していた会社の面接は見事通過し予定の研修を受けることになったのですが、そのつぎに受けた企業さんの面接でボロボロにやられました。人事の方が今まで話した中で一番強敵だったのでウントもスンとも言えませ …

no image

進化しすぎた脳3

 今日は面接がないのでダラダラしていました。「進化しすぎた脳」ももう直ぐ終わりそうです。ここまでの話を簡単にまとめると、脳は人間の体から受け取る信号を解釈して再度信号を送り、命令する役割を持っています …

no image

Java2

 今日はjava三昧でしたので、そのアウトプットをしようと思います。javaはオブジェクト志向言語でこのオブジェクト志向というのはより楽に開発するように使う機能ごとに分けて開発を行っていく考えで、新し …

no image

生物について

 なぜ生物について書こうと思ったのかはなんとなく興味があるからです。最近地球上の生物はみんな始まりが一緒だと知ってめちゃくちゃビックリしました。それが突然変異で多様化していって、ロマンを感じてしまい …

no image

テックキャンプのメンバーと

今日はテックキャンプのメンバーとご飯を食べに行ったのでその話と読んだ本の話をします。 生命とは  生物学者の福澤伸一さんとエッセイストの阿川佐和子さんの対談する本で生物がエントロピー増大の法則に抗って …