未分類

ダラダラと

投稿日:

今日は昨日のたてたスケジュール通りダラダラしていました。このダラダラという言葉はいったいどこからダラダラと名付けられたのでしょうか。ちょっと考えてみれば不思議です、なぜダラダラという言葉が、というかダラダラという言葉は他にどのように置き換えることができるのでしょうか。ダラダラについてちょっと考えてみると、

・テキパキの対義語である(そもそもテキパキとは)
・なんとなく負のイメージ
・タラタラよりももっと程度が大きい様子(タラタラは意図的ではないが、ダラダラは意図的なイメージ)
・ダラーっとからきている?

このように考えてみるとダラーっとから派生しているのではないかと考えられます。では次にダラーっとについて考えてみると、

・テキパキの対義語である(テキパキとは)
・なんとなく負のイメージ
・上から何か落ちてくるイメージ

それでは次になぜダラーっが上から落ちてくるイメージに繋がるのでしょうか。もうそろそろ限界に近づいていたような気がするのですが、おそらくこの伸ばし棒がキーワードなような気がします。なぜなら、ダラはダラダラとはまた違うイメージを抱くからです。普段から何気なくこのダラダラを使っているのですが、その言葉の意味を考えてみると面白いですね。いつからダラダラが概念として定着していたのでしょうか、そろそろギブアップをしたいと思います。

結論

調べてみるとオノマトペと呼ばれる自然の音や声、状態や様子を象徴的に表した言語表現の一種だということがわかりました。これといった明確な語源があるわけではなく、その様子だったりイメージを言語で表現するなら結果として「ダラダラ」となったというのはなんとも面白い結果だと思いました。こういう言語の起源を調べる言語学というのも魅力的です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

雑文

最近は色々とせかせかしていたのでここらで一旦ひと休憩ということで今日はのんびり過ごしました。勉強のことばかり記事にしても疲れてしまうので土曜日はしょうもないこと雑文を書く日にしようかなと思います。最近 …

no image

配達中の無

 今日は配達中は何にも考えていませんでした。配達中脳味噌を使わずに余ったので勉強の方に使おうという算段だったのですが、どうしても終わったら疲れてしまいます。これはバイトの回数を生活できる最低限の数にし …

no image

java

 javaを勉強しています。今日やった内容はjavaの考え方の基本となるオブジェクト思考について学びました。オブジェクト志向とは、開発者が楽でわかりやすく、楽しく開発を進めるために考えられた概念で、コ …

no image

進化しすぎた脳3

 今日は面接がないのでダラダラしていました。「進化しすぎた脳」ももう直ぐ終わりそうです。ここまでの話を簡単にまとめると、脳は人間の体から受け取る信号を解釈して再度信号を送り、命令する役割を持っています …

no image

httpリクエスト

ブラウザが何をしているのかを復習したのでそれについて書きます。ブラウザの上の入力フォームにhttpから始まるurlを入力するとそのurlに紐づいているデータを受け取り、画面に表示させます。その際に受け …