未分類

ハードボイルドワンダーランド

投稿日:

 最近は寝る前の読書タイムで、村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドを読んでいます。この本は二回目なのですが、前よりも面白く読めていると思います。前読んだときは不思議だなという感想で頭の中が?の状態でずっと読んでいたのですが、今読んでみると村上春樹がこの物語で何を表現しているのかが少し分かったような気がします。この物語は壁の内側の世界と現実の世界?とで同時並行で物語が進んでいきます。内側の世界では主人公の「影」と離れ、夢読みとして働くことになる。町全体が壁に囲まれていて抜け出すことはできません。進撃の巨人の世界見たいです。一方、外の世界では主人公は計算士という職業についています。この二人の主人公は話し方や雰囲気から同一だと思われ、夢読みの方が内面的な方、計算士が外面の主人公だと考えられます。主人公は確か35歳くらいで、このときに内面の今までの世界が終わると暗示している。要は心を失うと。夢読みの主人公はどうにかして一度引き離された「影」を取り戻そうと奮闘している。一方で計算士である主人公は博士に一角獣の頭骨を手渡され、組織や記号士に追われることになる。ちなみにこの一角獣は内面の世界で登場している。二人の主人公の戦いが始まる、、

 村上春樹を初めて読んだのは中学生の頃、1Q84が話題になっていた時に読んだことがあります。その時読んで感じたことは今でも覚えていて、読み直した時に不思議な感じがしました。ただその感じは最初の方ですぐに消えてしまったので、途中でやめたのが丸わかりでした。最後まで読んで欲しかった昔の自分、、その次に読んだのは大学2年か3年の時にもう一度1Q84を読んだときで、これも途中で挫折しました。なぜ挫折したのかはあまり覚えていないのですが、多分理解できなくてやめたのだと思います。今も理解できていないですが、割と面白く読んでいます。接し方をようやく掴んだのかもしれません笑 村上春樹の好きな部分は個人的には料理を作るところがお気に入りです。なんだか楽しい気分になり、生活を楽しもうという気分にさせられるところが一番の理由。あと、「あるいはね」。最近思うのですが、文章がとてもうまいですよね。あれだけ引き込まれるような文章を書くというのは相当すごいと思います。あと村上春樹にお世話になっているところがもう一つ、音楽をもっと好きになったことです。小説にいろいろな音楽が登場するのですが、ここから聴いてみてレディオヘッドとかビートルズとかを好きになり、いろいろ聴くようになりました。もう感謝しかないです。自分は昔からミーハーなのでかっこいいと思った人の真似をするのですが、今回これが功を奏しました。面白い人がいるよなあ。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

武士道

今日はPHPの学習と読み始めた新渡戸稲造著「武士道」のアウトプットをしていきます。 他のファイルからの読み込み htmlのaタグから他のファイルに遷移させる記述をするさいにhref属性に” …

no image

プログラミングについて

プログラミングの本を読みました。今回は実際の処理の裏側で動いている処理を学びました。コンピュータは0と1しか認識できません。人間がプログラムで書く文章を0と1に変換する機能をアセンブラやコンパイラが担 …

no image

javascript色々

letで変数宣言をした値は再代入する事が可能なので値を後から書き換える事ができます。再代入する際には違う型の値を入れる事ができるので型名も自動で変更してくれるのですが、その影響で予期しない型名が代入さ …

no image

日本の経済史

 今日から「日本史で学ぶ経済学」を読んでいます。この本は主に日本史の歴史から経済の重要ポイントを選り出して今の経済に生かすことができるのかという本です。未来はみることができないので今のこの策が将来どの …

no image

森美術館

 森美術館にいって来ました。メンバーは草間彌生、村上隆、リ・ウファン、宮島達男、奈良美智、杉本博司です。草間彌生と村上隆以外は知らなかったのですが、全員すごい方でした。今まで行った美術館で一番お得に …