未分類

ビンゴゲーム

投稿日:

明日は企業さんの面接で自分の作ったプログラムを説明しなければいけないのでその練習をします。

1、ビンゴカードの作成

BingoCardクラスを作成し、その中でinitializeメソッドでインスタンス変数である@bingo_cardのなかにビンゴカードの番号をランダムで生成してビンゴカードを作ります。BingoCardクラスのインスタンスをperson = BingoCard.newで生成し、initializeメソッドを動かしビンゴカードを生成します。

2、ビンゴボールを取り出す

そのつぎにBingoBallクラスを作成し、クラス変数である@@array_bingo_ballを定義して配列としてその中に1から105の値を格納します。BingoBallクラスにpick_bingo_ballメソッドを定義して@@array_bingo_ballに格納してある数字をランダムで選び出し、それを配列の中から削除します。pick_bingo_ballメソッドの返り値としてビンゴボールのナンバーを返します。

3、ビンゴカードを表示し、数字を照らし合わせる

返り値として取り出したビンゴナンバーをdisplay_bingo_cardメソッドの引数に入れて、自分のカードにその数字があった場合にその数字を()で括り、CountBingoクラスで定義したクラス変数の@@count_vertical_line、@@count_horizon_line、@@count_rising_right_line、@@count_downward_right_line、の値に+1をします。このクラス変数はあとでビンゴしている数とリーチしている数をカウントして表示する際に使う変数で、数字に穴を開けるのと同時にカウントしておきます。尚、右上がりと右下がりのビンゴ数とリーチ数は特定の場所でカウントしなければいけないので場合わけをしてカウントをします。

4、ビンゴ数、リーチ数を出力

最後にCountBingoクラスで定義したcount_reachメソッドとcount_bingoメソッドを使ってリーチ数とビンゴ数を出力させます。CountBingoクラスで定義した先のクラス変数に入れてある値をカウントしてそれぞれの列でリーチの数とビンゴの数をカウントして出力をして完成です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初出勤終了

何とか1日目を終えました。会社が忙しいみたいでそんなに作業はなかったのですが、先輩の社員さんに教えてもらいながら開発に必要な準備をしました。まじでパソコン使えなくてヒーヒーしていますが、何とかやってい …

no image

21世紀の資本

 今日は勉強をしようとトマス・ピケティの「21世紀の資本」という本に挑戦しました。最初のはじめにしか読めていないのですが、そこの部分を書いていきたいと思います。この本は現在の資本主義がどのような結果を …

no image

PHP2

 クラスプロパティを学びました。public static ~ で定義するのですが、これはクラスのインスタンスの合計のカウントをとるときに使い、アクセスはクラス名::$クラスプロパティ名で取得します。 …

no image

復習

ロジカルシンキング 自分の意見を相手に納得させるには論理的な文章の構成が必要になります。この論理がうまく構成できていない場合には相手の思うような反応を得ることはっできません。具体的には論理が飛躍したり …

no image

進化しすぎた脳3

 今日は面接がないのでダラダラしていました。「進化しすぎた脳」ももう直ぐ終わりそうです。ここまでの話を簡単にまとめると、脳は人間の体から受け取る信号を解釈して再度信号を送り、命令する役割を持っています …