未分類

ビンゴゲーム

投稿日:

明日は企業さんの面接で自分の作ったプログラムを説明しなければいけないのでその練習をします。

1、ビンゴカードの作成

BingoCardクラスを作成し、その中でinitializeメソッドでインスタンス変数である@bingo_cardのなかにビンゴカードの番号をランダムで生成してビンゴカードを作ります。BingoCardクラスのインスタンスをperson = BingoCard.newで生成し、initializeメソッドを動かしビンゴカードを生成します。

2、ビンゴボールを取り出す

そのつぎにBingoBallクラスを作成し、クラス変数である@@array_bingo_ballを定義して配列としてその中に1から105の値を格納します。BingoBallクラスにpick_bingo_ballメソッドを定義して@@array_bingo_ballに格納してある数字をランダムで選び出し、それを配列の中から削除します。pick_bingo_ballメソッドの返り値としてビンゴボールのナンバーを返します。

3、ビンゴカードを表示し、数字を照らし合わせる

返り値として取り出したビンゴナンバーをdisplay_bingo_cardメソッドの引数に入れて、自分のカードにその数字があった場合にその数字を()で括り、CountBingoクラスで定義したクラス変数の@@count_vertical_line、@@count_horizon_line、@@count_rising_right_line、@@count_downward_right_line、の値に+1をします。このクラス変数はあとでビンゴしている数とリーチしている数をカウントして表示する際に使う変数で、数字に穴を開けるのと同時にカウントしておきます。尚、右上がりと右下がりのビンゴ数とリーチ数は特定の場所でカウントしなければいけないので場合わけをしてカウントをします。

4、ビンゴ数、リーチ数を出力

最後にCountBingoクラスで定義したcount_reachメソッドとcount_bingoメソッドを使ってリーチ数とビンゴ数を出力させます。CountBingoクラスで定義した先のクラス変数に入れてある値をカウントしてそれぞれの列でリーチの数とビンゴの数をカウントして出力をして完成です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

美術の話

 今日は朝は求人関係の作業で終わり、昼過ぎに面接を受け、そのあとはダラダラしていました。本は「片隅の美術と文学の話」を読んでいます。これは芸術家がどんな姿勢で作品と向き合ったいるのかを作家と画家、詩人 …

no image

東京行きます

 今日は二次面接に合格して東京へ研修にいくことになりました。もう決めます。その後にジャポニスムの続きを読んで読み終わったのでその話をしたいと思います。この本は結局どんな本だったかというと、日本の着物が …

no image

テックキャンプのメンバーと

今日はテックキャンプのメンバーとご飯を食べに行ったのでその話と読んだ本の話をします。 生命とは  生物学者の福澤伸一さんとエッセイストの阿川佐和子さんの対談する本で生物がエントロピー増大の法則に抗って …

no image

文章を書くこと

 今日はバイト行って本屋行って家に帰って眠ってという1日でしたが、今日からこの文章の方向性を変えようと思います。きっかけは本屋で呼んでいる本の内容だったのですが、自分の文章はただ書きたいことを自由に書 …

no image

人はなぜ戦争をするのか

 今日は「人はなぜ戦争をするのか」を読みました。この本は物理学者のアインシュタインが今やりとりしたい人は誰でどんなことを聞きたいかというイベントでアインシュタインが心理学者のフロイトに人はなぜ戦争をす …