未分類

ビンゴゲーム

投稿日:

明日は企業さんの面接で自分の作ったプログラムを説明しなければいけないのでその練習をします。

1、ビンゴカードの作成

BingoCardクラスを作成し、その中でinitializeメソッドでインスタンス変数である@bingo_cardのなかにビンゴカードの番号をランダムで生成してビンゴカードを作ります。BingoCardクラスのインスタンスをperson = BingoCard.newで生成し、initializeメソッドを動かしビンゴカードを生成します。

2、ビンゴボールを取り出す

そのつぎにBingoBallクラスを作成し、クラス変数である@@array_bingo_ballを定義して配列としてその中に1から105の値を格納します。BingoBallクラスにpick_bingo_ballメソッドを定義して@@array_bingo_ballに格納してある数字をランダムで選び出し、それを配列の中から削除します。pick_bingo_ballメソッドの返り値としてビンゴボールのナンバーを返します。

3、ビンゴカードを表示し、数字を照らし合わせる

返り値として取り出したビンゴナンバーをdisplay_bingo_cardメソッドの引数に入れて、自分のカードにその数字があった場合にその数字を()で括り、CountBingoクラスで定義したクラス変数の@@count_vertical_line、@@count_horizon_line、@@count_rising_right_line、@@count_downward_right_line、の値に+1をします。このクラス変数はあとでビンゴしている数とリーチしている数をカウントして表示する際に使う変数で、数字に穴を開けるのと同時にカウントしておきます。尚、右上がりと右下がりのビンゴ数とリーチ数は特定の場所でカウントしなければいけないので場合わけをしてカウントをします。

4、ビンゴ数、リーチ数を出力

最後にCountBingoクラスで定義したcount_reachメソッドとcount_bingoメソッドを使ってリーチ数とビンゴ数を出力させます。CountBingoクラスで定義した先のクラス変数に入れてある値をカウントしてそれぞれの列でリーチの数とビンゴの数をカウントして出力をして完成です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

重複、漏れ、ズレを防ぐ

自分の意見を相手に述べる際、その根拠や方法に重複、漏れ、ズレがあれば相手の理解を得ることはできません。重複があればこちらが混乱していることが相手に伝わるのでその話の信用性が失われ、狙い通りの反応を受け …

no image

面接!

 明日は面接なので、短めにしたいと思います。今まで面接をしてこなかった人生なので、ここらで鞭を打ちたいと思います。はい、前職では電気工事を行っておりました。具体的には新築建造物や工場などの電気供給に必 …

no image

今週終わり

今週から会社が始まりあっという間に一週間画過ぎてしまいました。詰め込み過ぎて入社から1年くらい経過した気がするのですがまだ一週間ということなので驚きました。頑張りたいと思います。 git vsコードか …

no image

redux..

reduxについてわかっていることを復習します。reduxは各コンポーネントからstoreに入っているデータから取り出したいデータのオブジェクトを指定して取り出すことができます。reduxのメリットは …

no image

日本の経済

 「資本主義って悪者なの?」を読み終えました。資本主義は格差を広げていく仕組みになっています。いや正しくは資本主義の仕組みによって人間が格差を広げているという状況になります。これをなくすために新しい仕 …