未分類

今週終わり

投稿日:

今週もようやく終わりました。今まで感じたことがなかったのですが週末ってとても良いなと感じました。さっきからGoogle マップでどこに行こうか、というのを気付いたら一時間くらい考えていました。結果、明日はダラダラ何もせず行こうと決めました。最近なんとなく仕事に慣れてきた感覚があるのですが、毎日頭がパンクしそうです。スラックで社員の人がログインしているかみることができるのですが、夜遅くでもログインしている人もいて、脳のメモリがどうなっているのか不思議に思います。これは慣れてくのでしょうか、恐ろしいです。

今日は先輩の社員の方とスラックの電話で少しお話しをしました。まずはプルリクエストのことでお話しをしたのですが、見る人のことを考えて行うことが大事だということを再確認しました。これは当たり前なことだと思うのですが、意外とというか、気を抜いてしまうと考えなくなってしまうので気をつけたいと思います。具体的にはどのようにするのかというと、まずリクエストの最初の方でこのリクエストの目的を書いて、どこまで実装してあるのかを書きます。そこに実装している作業のURLや自分が作成したページのスクリーンショットを載せると尚良いです。先輩は全てのページを把握していてなんでも知っていると思ってリクエストを出すのは大間違いです。当然のことなのですが、リクエストを出す側の方がそれを見る側よりもそのリクエストについて情報を持っています。その情報を伝えやすいように工夫することが大切で、少し手間がかかってしまうかもしれないのですが、長い目で見れば先輩もそれを認知するコストを削減することができ、余分なコミュニケーションをなくすことができ、時間を節約することができます。このように長い目で見て作業を行っていくことが大事だと学びました。

後もう一つ大事だとおっしゃっていたのはプログラムをきちんと理解してコードを書くということです。プログラムには一行一行に意味があり、なぜこのコードが書かれているのか常に考えることが大事だと言っていました。結局プラグラマーに一番必要な能力はプログラムを理解して、適切に書くことだということを学びました。すごくシンプルなことなのですが、今の時点では理解できていないと思うのですが、なんだか真実が詰まっている雰囲気がします。今日話した先輩は同じ人間ではないなと感じるほど仕事ができて、かつ優しいので自分もなんとかついていけるようにがんばりたいです。

今日とても嬉しいことを言われたのでそれについて書いていきます。先の先輩と話していたときのことなのですが、その人にプログラマの才能があると言われたことです笑 もしかしたら本当の天才プログラマーになるのかもわかりません。これは言われた気持ちとして嬉しい、というよりは可笑しいという気持ちの方が強いです。自分で才能がないことがわかっているのでそのギャップが可笑しいのです。いや、もしかしたら本当に、?今日の終わりに社長さんと話をして割と良い評価をもらっているということをきいて、今のところは順調のようです。ただ、良い評価をもらうということは慢心の原因となってしまうのでその評価と自分の実力との乖離がどれくらいあるのかを薄々感じる程度の客観力は持っていると思うのでその言われたことに対して嬉しいという気持ちは大事にしつつ、このままではまずいよ、というのを持っておきたいと思います。ただそんなに焦ってはいけないので自分のペースでやっていきたいと思います。そんなこんなで今年のキーワードを発表すると、『コツコツと。』です。

-未分類

執筆者:


  1. 天才 より:

    就活時のテストといい、やっぱり天才なのかもしれませんね。そして自分の能力を疑い自分を客観視できてるのもよいですね。ダーニングクルーガー効果はご存知ですか?
    能力が低い人は自分の能力を過大評価する傾向があるみたいなので、ちゃんと自分の能力を疑って今後の成長に向けてコツコツ頑張れるというのはやっぱりそれだけ能力がある証拠かもしれませんね。

    • hyou より:

      疑うことに関しては「天才」なのかもわかりませんね。なんですか、その健康サプリメントの裏側に書いてそうな効果は。がんばりたいと思います。

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

野生動物

 今日は野生動物のYouTube動画をたくさん見ていました。きっかけは睡眠の本を読んでいて、そこでイルカの話題が上がって動画でイルカを見ていたら鯨が見たくなって、関連動画でトラの動画が流れてきてそこか …

no image

1日バイト2

 今日は久しぶりに納得のいくタイピングができていい感じでバイトの行きにもミツメのアルバムを聴きながらいい気持ちでいたのですが、1日バイトは流石にきついです。今日の配達中は新しいことに挑戦していて、ヒラ …

no image

歌舞伎2

 昨日の続きで「歌舞伎入門」を見ています。歌舞伎は昔の出来事を題材にしていて、名前をわざと変えたりしていることがわかりました。戯曲や演劇と違い、物語に文学性を帯サスことはなく、役者が引き立つように物語 …

no image

Nordic Escapes

 今日このアルバムを聴いてとても感動したので書かせてもらいます。クリスチャン・ヤルヴィンというエストニア生まれの指揮者の方が手掛けたアルバムで、クラシックとジャズとアンビエントをミックスした音楽です。 …

no image

仮説思考

前回まで仮説思考がビジネスにおいて問題解決する際に効率的だというところまで見てきました。網羅的に要件を洗い出していては時間にかぎりのあるビジネスにおいては非効率である程度最初から結論を決めておいてそれ …