未分類

仕事について

投稿日:

 今日もビジネスについて書こうと思います。ビジネスというのは資金を調達して、その資金で価値を生み出し、お金を儲ける。ということなのですが、このビジネスを利用して何ができるのか、何をするべきなのかを考えています。まず何ができるのか、それは価値を提供することでその価値をもらった側は満足し、提供した側もお金を儲けて嬉しいというwinwinの状況を作ることができます。ビジネスで世の中をよくしていこうというのが資本主義であり、現在はそれが行き過ぎて価値がよく分からなくなっているのか、その価値を生み出すことに躍起になってせっかくテクノロジーが進歩してやらなくていいものはやらなくてよくなったのに、人間が欲張ってあれもこれもとするうちに忙しくなり、置いてけぼりの人、詳しく言えばいい教育を受けなかった人が待遇の良い職につけず、格差が広がっている状況が出てきています。正直働きたい人だけが働けば良いと思っています。働きたくない人は働かなくてよくて自分の没頭できることに集中した方が面白い世の中になると思います。もちろんそのためには教育に力を入れないといけなかったり、お互いが共生し合う仕組みみたいなのも必要になってくると思いますが、今のやりたくもないのに働かないといけないという状況よりはましだと思います。そのためにはやらなくて良い単純作業をロボットにやらして労働時間を減らすことが第一目標のような気がします。それで生み出したお金で今起きている様々な問題、環境問題だったり貧困問題だったり解決しなければいけない問題に取り組んで、より良い、betterな世界を作っていければと思います。

 さっき又吉が番組をやっているヘウレーカを見ていたのですが、クラゲが大量発生していてまずいらしいです。何がまずいかというと、クラゲは海の生態ピラミッドの上の方にいるので、大量発生してしまうとクラゲのしたの階層の魚たちが減っていき、さらにはクラゲを食べる生き物が少ないので生態系を大きく変えてしまう恐れがあるというのです。人間の食生活に関わってくることももちろんですが、せっかくここまで生き残ってきた生き物たちがいなくなってしまうのはなんだかやるせない思いがします。しかもこのクラゲが大量発生してしまう原因も人間のせいだというのです。具体的には、二酸化炭素排出量が原因の地球温暖化、さらに海に捨てられたプラスチックがクラゲのポリプ発生の温床になってしまっていることが挙げられます。さらに海に捨てられるプラスチックにはマイクロプラスチックと呼ばれるごく小さいプラスチックが問題となっており、これが生物の体内に入ってしまえば積み重ねで生態系に多大な影響が出ると言われています。マイクロプラスチックが海に放出される原因は主に二つあり、一つ目が歯磨き粉や洗剤の材料として使われているものを海に流すことによって放出される一次的なもの、二つ目が海に捨てられたプラスチックゴミが紫外線で溶けて細くなることによって生じる二次的なもので大別することができます。最近はレジ袋の有料化など、SDGsでも取り上げられる問題となっているので今後も考えていく必要があります。

 

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

java

今日はお試し研修があったのでそのことを書きます。お試し研修はほぼほったらかしだったので面白くなかったのですが、javaのいい復習になりました。javaの前にIT業界のことを聴いたのでまずそれについて書 …

no image

初出勤終了

何とか1日目を終えました。会社が忙しいみたいでそんなに作業はなかったのですが、先輩の社員さんに教えてもらいながら開発に必要な準備をしました。まじでパソコン使えなくてヒーヒーしていますが、何とかやってい …

no image

なぜ神は脳を作ったのか2

前回まで人はなぜ神を必要とするのか、信仰心がどのように世界に影響を与えているのか、そもそも神は存在するのかを見てきました。今日は宗教の中でも神が存在しないという教えの仏教について学びました。仏教を作っ …

no image

ロジカルシンキング

論理的な思考方法を身につけるための本です。筆者は練習すれば誰でもロジカルなコミュニケーション技術を習得することが可能だと言っています。なぜなら、経験則的に、訓練すれば誰でも身につけることができると確信 …

no image

ページランク

インターネットにより世界中のユーザーがウェブページを閲覧できるようになり少しでも疑問に思ったことをネットでキーワードを打てば見たいものがすぐに出てきます。ウェブページの量は膨大なのですが一体どのように …