未分類

創造性とは何か(続)

投稿日:

創造性とは

創造性とはここではただ単にものを生み出すという意味ではなく、その生み出したものによってどのような問題を解決することができるのかまでを創造性と呼んでいます。ここまで人間が文化を発達させ、生きながらえることができた理由はうまく想像と保守を繰り返していった結果だといいます。しかし、世の中が資本主義で合理性を追求していった結果、地球環境に多大な影響を及ぼし、地球に住んでいる生態系全体に影響を与えています。筆者がいいたいことは人間至上主義から離れて、人間は多様な生物の中のほんの一種でしかなく、他の生き物と相互作用的に共生していることを自覚するべきということです。そのために創造性は必要だと述べています。

学んだこと

一番心に留めておこうと思ったことは問題解決能力の大事さについてです。なぜ問題解決能力が必要かというと、人間が問題を解決をして、生きることを維持して、また新しい問題が起きて、それをまた解決しての繰り返しで現在があるからです。問題解決というのは生物にとっての本質的な能力だということを学びました。数学の問題が解けた時やクイズを解けた時に人は楽しいと感じます。この楽しいと感じるのは、問題を解決するという行為が人間にとって必要だと遺伝子が判断しているから生ずると考えることができます。筆者はデカルトの考えと違う考えを持っていて、具体的にいうと、デカルトの考えでは、世界を外側から眺め、それを眺めている自分というものをまず認識します。しかし、筆者は自分は外側にいるのではなく混沌の中に存在していて、そこで自分を認識します。問題を外側から眺めて考えるのではなく、内側の問題として眺め、行動せよと言っています。自分にとって大事だと感じた部分を保守していくために創造力を鍛えようと思いました。



-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ハードボイルドワンダーランド

 最近は寝る前の読書タイムで、村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドを読んでいます。この本は二回目なのですが、前よりも面白く読めていると思います。前読んだときは不思議だなという感想で頭の …

no image

世界は足し算でできている

今日から「世界は足し算でできている」を読み始めました。この本は在学中から予備校講師として活躍され、現在では数学や物理をその歴史やドラマを通して楽しく教えるサイエンスナビゲーターとして活躍されている桜井 …

no image

今週終わり

今週から会社が始まりあっという間に一週間画過ぎてしまいました。詰め込み過ぎて入社から1年くらい経過した気がするのですがまだ一週間ということなので驚きました。頑張りたいと思います。 git vsコードか …

no image

久々の投稿

 一週間くらい間が空いてしまいました。これには理由があります。xサーバーでサーバーを無料で借りていたのですが、その期限が切れたことでお名前ドットコムのwhoisの状態がchildhood?になったこと …

no image

立ち読み

 ついに教養の書を読み終わりました。本屋で立ち読みで読破しました。これはあまり好ましくないと思うのですが、それについて考えていきたいと思います。まず立ち読みは商品のカバーが折れ曲がります。これは気にす …