未分類

明日は東京で面接

投稿日:

 明日は東京で面接があるので頑張りたいと思います。さて今日は「経済のしくみ」と「車輪の下」を読んでいます。まず前者の方からいきますと、この本はアメリカから始まり、お金がどのように流れていくのか、その国々がどのような経済状況でどのように相互に影響し合っているのかを直感的にわかりやすく説明されていることが特徴です。まずアメリカのショッピングセンターで中国製のラジオを消費者が買うところから話が進むのですが、ラジオが売れることによって中国にアメリカドルが流れることになります。中国政府はまずドルを受け取ると、企業に中国元に変換して企業の売り上げとして計上されます。その際に中国政府は実際のドルに対する元の価値を低めに設定して企業に渡しています。つまり、企業の売り上げが少なめになってしまうのです。これができてしまうのは中国が完全な資本主義国家ではないことに起因するのですが、これをやるメリットとして、元の相場が安くなるので輸出が伸びることと、中国政府が持っているドルがどんどん溜まっていくことが挙げられます。デメリットとしては輸入が伸びなくなります。中国政府がドルの所持率を高めることでアメリカの国債を大量に購入している現状があるのですが、これによって中国政府がアメリカに対して優位性を持っていると考えてしまいがちですが、実際はその大量の国債を売却してアメリカを困らそうとしてもドルは世界的に人気があるので他の国がアメリカの国債を購入します。過去に実際に起きているので今後も間違いなくそうなるでしょう。これを読んで経済の問題はもうどっちが優位とかではなく相互的に作用しまくってどこかの国が悪くなってしまうと全ての国の経済状況に影響が出てくるのでお互いに助けあわないといけないということがわかりました。中国の次はナイジェリアにいくのですがそれはこれから読みます。

 続いて「車輪の下」のことを書きます。これはヘッセが1906年の29歳の頃に書いた作品なのですが、とても読みやすいです。主人公はハンス・ギーベンラートで父と二人暮らしをしているのですが、この親子の村では代々圏外で活躍する人が出てこないのんびりとしたところなのですが、この主人公のハンスは才能があり圏外の神学校の受験を受けることになります。これに合格するのはエリートばかりなのですが、ハンスの鬼の勉強と才能のおかげで見事に合格することになります。この村で初めてのエリート候補になったハンスは自分のことを周りのみんなと違う世界に住んでいる人間で偉い人になるんだと決意します。その自負心も手伝って神学校に進んだハンスは猛勉強をしてそこでもトップに近い成績を納めていくことになります。その頃に周りの同級生と異を放っている詩人気質のハイルナーと懇意になります。このハイルナーと知り合うことによってハンスは自分が先生たちに期待されて国に求められる人間になることに疑問を抱くことになります。そこから色々な事件が起こり、友人のハイルナーが学校を去ることになります。その影響もありそこからハンスの歯車は徐々に狂っていくことになり成績もどんどん落ちていき、周りの同級生や先生までにも見捨てられるようになります。やがてハンスは神経衰弱に陥り、医師の判断で故郷に帰ることになります。当然故郷のみんなに合わせる顔がないハンスは死んだように日々を過ごすようになり、死への期待を寄せるようになるのですが、突然現れた他の街からやってきた村の住人の姪に恋することになり、景色が一変するのです。これから続きを読んでいくのですが、こう振り返ってみるとよくある恋愛物語のような気がしないではないのですが、そこに至までの要素が散り散りに少年期の危うい感受性を巧みに物語のなかに入れているところに驚きます。ハンスト自分とでは全く違う人間なのですが、共感するところも所々あって一緒に悩みを共有することができます。自分が味わうことのできない絶望をハンスはどのように乗り越えていくのか今後に期待して読んでいきます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

振り返り&来年の抱負

2020年も今日で終わりです。なのでここで今年を振り返るとともに来年はどんな年にしたいかを書いていきます。 2020年 今までで一番色々なものが変わった年だと思います。仕事をやめてしばらくニート生活を …

no image

穴に落ちました

今日は宅配の途中で穴に落ちて怪我をしました。もう少し具体的にいうと、宅配の弁当を持って指定された建物の入り口を探しているときに側溝に落下しました。普通の側溝よりも深いもので深さが130cmほどありまし …

no image

動物の認識

 「動物と人間の世界認識」を読んでいます。この本は他の動物の世界はどのように見えているのかを科学的に観察し、想像してみる本です。他の動物は人間と同じ世界を見ている訳ではありません。理性がないと言われて …

no image

なぜ脳は神を作ったのか?

この本は脳科学者の苫米地さんが脳科学、言語学をはじめとした社会学の観点から信仰心とはどのようなもので世の中にどういう影響を与えているのか、これから先どのように文明を築き上げていのか書かれています。まず …

no image

typescript、電気

今日は昨日学習したtypescriptの復習と今日読んだ本の内容について書いていこうと思います。 抽象メソッド abstract class クラス名で抽象クラスを定義し、その中で抽象メソッドを定義し …