未分類

立ち読み

投稿日:

 ついに教養の書を読み終わりました。本屋で立ち読みで読破しました。これはあまり好ましくないと思うのですが、それについて考えていきたいと思います。まず立ち読みは商品のカバーが折れ曲がります。これは気にする人からしたら嫌な思いをすると思うのでいけないと考えられるのですが、気にする人は別の綺麗な本を選ぶと思うので結局選ばれないので気にしない人が購入するか、もしくは永久に買われることがないのかが考えられます。この二つは問題がないのですが、最後に買前は気がつかなかったのが、その後にそれを気にする人が気がついたパターンがあります。これは問題になりますが、最悪買い戻しができるので解決策はあります。とここまで商品が新品では無くなることによる消費者に及ぼす影響を考えてきたのですが、最後のパターン以外は特に問題がないと思われます。永久に変われないというパターンも問題になると思われそうですが、絶えず新しい在庫が入ってくることが考えられるのでそこは問題ないでしょう。最後のパターンにならないように本の扱いは気をつけながら立ち読みをすることと、万が一折れ曲がってしまった本はまだ折れ曲がっていない本の後ろにしまい、その折れ曲がっていない本の重みで折れ曲がったページをもとに戻させるという秘儀があります。その次に商品が新品では無くなることによる以外の立ち読みが及ぼす悪影響を考えていきたいのですが、他の購入者の邪魔になることが考えられます。この場合は他の購入者が自分の近くにきて自分の前の本を探しているのを察知したら素早くどくということで解決することができます。むしろ最初から自分の前に本棚と本棚の間のところに移動して読むことによってさらに改善することができます。他にも店員さんが本の在庫を確認する作業の邪魔になることが考えられるのですが、他の業務があると思うのでそこは問題になりません。もしどうしてもやりたそうだった場合には立ち読みをやめます。最後は本屋の経済的な観点から述べたいと思います。立ち読みはその本の売り上げを0にして本の内容を提供することになります。これはフリーライド問題として世間で騒がれている問題に似ているのですが、それとは違う部分のお話をしたいと思います。その時点においては売り上げは発生せずにむしろ機会費用の観点からいうとマイナスになってしまうのですが、長い目で見れば、無料で本を読むことによってさらに知識が深まり、より違うものを学びたいという気持ちが発生することが考えられます。今は収入が低く本を買うお金がないので立ち読みでフリーライドしているわけですが、将来的に賢くなったら収入が増えることが予測されるのでその時にもっと本を購入されると考えることができるのです。つまり本屋にとって立ち読みをさせるということはその人の将来を見越しての先行投資にあたると考えることができます。以上の観点から立ち読みはしてもいいと考えることができます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

typescript

typescriptはjavascriptの変数で予期せぬエラーを起こさないために型安全でコードを書くプログラミング言語です。typescriptのコードをjavascriptのコードに変換して使うの …

no image

雑文

今日は夜ご飯を食べている途中にあれ、感謝してないよなって思ったのでそのことについて書いてみます。今は実家にいて祖母に毎日ご飯を作ってもらってそれを食べているのですが、それをいただく事が当たり前になって …

no image

git

githubはファイルを他の開発者と共有する事ができるソフトウェアです。githubのリモートリポジトリにコードをあげる事で他の開発者がそのコードを確認して修正したり、受け取る事ができます。gitにコ …

no image

typescriptの配列

今日は午前中ずっとコンポーネントへどのように配列として値を渡すのかを考えていました。配列で値を渡さなくてもデータを渡すことができるのですが、記述が助長になり、可読性が低くなってしまいます。可読性が低く …

no image

一日バイト

 「経済のしくみ」を読み終わりました。この本はどんな本かというとアメリカのラジオを購入した際のドルの流れを辿っていき、各国の経済情勢と流れを物語として書かれていますが、物語は無理やりな感じがしますが、 …