未分類

美術の話

投稿日:

 今日は朝は求人関係の作業で終わり、昼過ぎに面接を受け、そのあとはダラダラしていました。本は「片隅の美術と文学の話」を読んでいます。これは芸術家がどんな姿勢で作品と向き合ったいるのかを作家と画家、詩人を通して述べていくものです。半分以上は知らない人が書かれているのですが、夏目漱石や志賀直哉、谷崎潤一郎などの有名な人も出てくるので文学作品を読む助けになりそうです。中でも村山槐多という人が知らなかったのですが、調べたりして面白い人物だと思いました。村山槐多は洋画家なのですが、詩や文学作品も創作しています。22歳でなくなってしまったのですが、早熟でデカダンな人物でした。10代から詩や文学作品を読み耽り、17歳から画家を目指しはじめ、東京に上京しました。絵も調べてみたのですが、キルヒナーちっくで面白い絵でした。また詩もすごいと思ったのですが、その詩が17歳で書いたというので驚きです。でも世間でも若いから注目されたりするのですが、それは本質的ではないような気がします。人間の精神の成長スピードなんて人それぞれだし、別にあまり気にしない方がいいなという気がします。ヤバイ、記事を読み直してみたのですが、薄っぺらすぎて笑いました。薄っぺらい記事は総じて一文が短いという特徴がありますよね。はい、しっかり白状します、内容は理解していません。面白いと思いながら読んでいるのですが、こうしてアウトプットしようとしても何も出てこないのです。こんなものなのでしょうか。最後に寝る前に読んでいる志賀直哉の「暗夜行路」のことを少し書いて終わりたいと思います。

 今大体三分の一程度なのですが、そこまでの話を書きます。主人公の謙作は色々な女性に下心を抱きます。その女性がコロコロ変わるので謙作は自分で自分が嫌になってしまい、女たちのいないところへ引っ越してきたというところまで読みました。むずすぎる笑 まじで文学の評論書く人とかすごいと思います。では。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

なぜ脳は神を作ったのか?

この本は脳科学者の苫米地さんが脳科学、言語学をはじめとした社会学の観点から信仰心とはどのようなもので世の中にどういう影響を与えているのか、これから先どのように文明を築き上げていのか書かれています。まず …

no image

目標設定

 今日は二つ面談がありお話をしてきました。そこで二つ学んだことがあります。まず、Web系のエンジニアにはなりたくないということと、どういうエンジニアになりたいのかを考えないといけないという点です。なぜ …

no image

1日バイト2

 今日は久しぶりに納得のいくタイピングができていい感じでバイトの行きにもミツメのアルバムを聴きながらいい気持ちでいたのですが、1日バイトは流石にきついです。今日の配達中は新しいことに挑戦していて、ヒラ …

no image

振り返り&来年の抱負

2020年も今日で終わりです。なのでここで今年を振り返るとともに来年はどんな年にしたいかを書いていきます。 2020年 今までで一番色々なものが変わった年だと思います。仕事をやめてしばらくニート生活を …

no image

回線工事について

今日は契約予定の物件が無料で使用できるインターネット回線の通信速度が下り160Mbpsでリモートワークに適していないということで回線工事をお願いしなければいけない状況になりました。今まで実家のwifi …

PREV
面接練習
NEXT