未分類

美術の話

投稿日:

 今日は朝は求人関係の作業で終わり、昼過ぎに面接を受け、そのあとはダラダラしていました。本は「片隅の美術と文学の話」を読んでいます。これは芸術家がどんな姿勢で作品と向き合ったいるのかを作家と画家、詩人を通して述べていくものです。半分以上は知らない人が書かれているのですが、夏目漱石や志賀直哉、谷崎潤一郎などの有名な人も出てくるので文学作品を読む助けになりそうです。中でも村山槐多という人が知らなかったのですが、調べたりして面白い人物だと思いました。村山槐多は洋画家なのですが、詩や文学作品も創作しています。22歳でなくなってしまったのですが、早熟でデカダンな人物でした。10代から詩や文学作品を読み耽り、17歳から画家を目指しはじめ、東京に上京しました。絵も調べてみたのですが、キルヒナーちっくで面白い絵でした。また詩もすごいと思ったのですが、その詩が17歳で書いたというので驚きです。でも世間でも若いから注目されたりするのですが、それは本質的ではないような気がします。人間の精神の成長スピードなんて人それぞれだし、別にあまり気にしない方がいいなという気がします。ヤバイ、記事を読み直してみたのですが、薄っぺらすぎて笑いました。薄っぺらい記事は総じて一文が短いという特徴がありますよね。はい、しっかり白状します、内容は理解していません。面白いと思いながら読んでいるのですが、こうしてアウトプットしようとしても何も出てこないのです。こんなものなのでしょうか。最後に寝る前に読んでいる志賀直哉の「暗夜行路」のことを少し書いて終わりたいと思います。

 今大体三分の一程度なのですが、そこまでの話を書きます。主人公の謙作は色々な女性に下心を抱きます。その女性がコロコロ変わるので謙作は自分で自分が嫌になってしまい、女たちのいないところへ引っ越してきたというところまで読みました。むずすぎる笑 まじで文学の評論書く人とかすごいと思います。では。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ジャポニスムについて

 今日から「きものとジャポニスム」を読んでいます。この本は日本の着物が海外へどのように影響を及ぼしたのかというのを一つ一つ掘り下げていく本です。着物は日本の独特のファッションアイテムなのですが、それを …

no image

Swift

 今日はプログラミング言語のswiftについて勉強したのでそれについてアウトプットしたいと思います。 swiftはiOSやmacOS用のアプリケーションをより簡単に開発するためにAPPLEが開発したプ …

no image

野生動物

 今日は野生動物のYouTube動画をたくさん見ていました。きっかけは睡眠の本を読んでいて、そこでイルカの話題が上がって動画でイルカを見ていたら鯨が見たくなって、関連動画でトラの動画が流れてきてそこか …

no image

Swift2

 おそらく今日からしばらくプログラミング言語のswiftメインになってしまうと思います。なぜswiftをやっているかというと、転職するためにポートフォリオを作らないといけないのですが、swiftだと割 …

no image

ハードボイルドワンダーランド

 最近は寝る前の読書タイムで、村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドを読んでいます。この本は二回目なのですが、前よりも面白く読めていると思います。前読んだときは不思議だなという感想で頭の …

PREV
面接練習
NEXT