未分類

諸々

投稿日:

今日は色々と忙しいのでつらつら学んだことを書きます。gitを使ってコードを管理しているのですが、ローカルリポジトリとリモートリポジトリというファイルを管理する場所があります。リモートリポジトリにファイルを管理しておておくことで他のユーザーがそのファイルを見たり、クローンで受け取る事ができます。またプロジェクトを開発する際にもローカルのリポジトリでpushしたものをリモートにマージをしてリモートリポジトリのファイルを更新します。リモートにマージする際にはそのマージを許可する権限をもったユーザーがそのファイルを見てマージをするかしないか判断をします。こうすることによって意図しないファイルが作られることを防ぎます。また、マージをする際にpull requestを作成して自分の書いたコードをreviewerに確認をしてもらうことで正しいコードに直してそれをマージするようにする事ができます。

react-create-appでプロジェクトを作成した際に.eslintcacheファイルが自動で作成されるのですが、これはeslintで差分を検知したキャッシュがファイルとして残されるものでこれをgitにpushしようとすると、このファイルには差分が記述されます。これをいちいちgitにpushしても無駄なのでgitignoreファイルにファイル名を書いてgitにpushしないようにします。ところが今回一旦commitしてしまったのでこのgitignoreにファイル名を記述しても差分がgitに上がるようになってしまったのです。なので解決策としてgit rm –cached ファイル名でgitの管理履歴を削除してcommitしてあげることによって解決する事ができました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

jsx

reactではdomツリーに要素を埋め込むためにJSXという記述方法を採用しています。このJSXはhtmlの書き方と限りなく近いので直感的にわかりやすいです。それでもJSXは本来のjavascript …

no image

git

githubはファイルを他の開発者と共有する事ができるソフトウェアです。githubのリモートリポジトリにコードをあげる事で他の開発者がそのコードを確認して修正したり、受け取る事ができます。gitにコ …

no image

typescript

今日から新しくtypescriptという言語を学び始めました。これはjavascriptの上位互換にあたるものでjavascriptの記述で書かれたものは全てtypescriptで記述する事ができます …

no image

今週終わり

今週もようやく終わりました。今まで感じたことがなかったのですが週末ってとても良いなと感じました。さっきからGoogle マップでどこに行こうか、というのを気付いたら一時間くらい考えていました。結果、明 …

no image

React2

簡単なtodoアプリでコンポネーネント間でデータの受け渡しをしました。reactはコンポネーネントという部品を連結させてwebページに動的な動きをつけます。複数のコンポーネントで構成するのですが、この …