未分類

配達の1日

投稿日:

 今日は朝から夜まで配達のアルバイトをしていました。なかなか長かったのですが、ずっと考え事をしていたので割とすぐ終わってしまったようです。なにを考えていたかというと、特にこれといった話題は無いのですが、カッコよく形而上学的なことを考えていたと言っておきます。朝は目覚ましを何度も止めてまた寝てを繰り返し、朝のうちに本を読んだりしたかったのですが、時間がなくニュースチェックとタイピング練習しかできませんでした。タイピングは最初の頃よりも打つのが速くなっている気がします。ブラインドタッチはできませんんが、仕事でできるようになっていると思います。速く働きたいという気持ちもあるのですが、まあ人生は長いので、気ままにいようという感じです。午前の配達では就職したあとのことを考えていました。なにを目標に人生を歩んでいくか、さらさらと考えていました。今のところはただ働いて休みを充実させるというのではなく、休みも勉強してもっと面白い世界を覗こうと思っていて、自分の世界をもっと拡張してそこからいろいろ決めていきたいと思っています。なにを勉強するのかは決めていませんが、古典を読んでいきたいと思っています。働いて、そのん勉強もしつつ、自分の勉強もする。何ともタイトな人生が待ち受けていると思ってしまいますが、楽しそうでもあります。そこから楽器も始めたいと思っていますし、陶芸も習いたいと思っているので、まさに多忙の人生となりそうです。ゆっくりしていられるのは今のうちなので、全力でゆっくりしていきたいと思います。さて、午前の配達が終わると賄を食べて急いで本屋へ向かいました。今日の勉強できるわずかな時間です。この前の教養の書の続きを読もうと思っていたのですが、うっかり物理の本が面白かったので読んでしまい、一時間くらいそれに使ってしまいました。最初に数学の本を見たのですが、これは学校で習う数学はどんなところで使われていて、どうやって発展したのでがわかりやすく書かれていて、もっと若い時に読んでおきたかったと思いました。物理の本も同じバージョンで身の回りの出来事を物理学的にわかりやすく説明する本でした。身の回りには科学で溢れていて、当たり前になっているけれど、なぜなのかと考えると不思議でたまりません。光も物質なんて想像もできないですよね。ミクロの世界も面白そうだと思いました。その次にやっと教養の書にありつけることができました。この本はわかりやすいというか、文章が自然体で著者と話している気がするので読みやすいです。今日の内容は知識が無いと人生クソだよという内容でした。知識がないと身の回りのものを楽しむことができないよという内容でした。そもそも人生は楽しむことを目的としているので楽しむためには教養をつけることが一番だといっています。そもそも教養とは何かというと、ただの知識ではなく、その知識を組み合わせて、自分の人生を豊かにするものだと定義することができます。自分のためでいいんです。まずは自分、そこから人のためになればなお最高という単純な考えで大丈夫だということに最近気がつきました。なのでこれからの人生を楽しむためにもっと勉強をして教養を付けたいと思いました。いい言葉がありまして、知識をひけらかすというのではなく、そのひけらかすという心理をわかった上で制御するというのが教養人なのだということも学びました。人は誰でも知識をひけらかしたいし、自分の方が上だということを見せしめたい生き物なのです。だから文化というものが生まれました。このひけらかしの、もっと言えばヒエラルキー精神は文化を作る上で必要なもので、なくす必要はないということがわかりました。資本主義も同じで企業同士で鬩ぎ合い、することでいい商品が生まれたり、価格が安くお客さんも満足するというのと似ていますね。人間は勝負事とは縁がきれない生き物なのかもしれません。ですが、やっぱりそこに生きずらさを感じてしまう今日この頃なので、文化の発展みたような、勝負で向上する要素なのかを判断して、これからはひけらかし精神を扱っていきたいと思います。こんな感じで長くなってしまいましたが、午後はまた配達のバイトでなのを考えながらやっていたかというと、速く帰りたい、なにも考えたくないというのを考えながらバイトをしていました。人生は楽じゃない。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

配達中の無

 今日は配達中は何にも考えていませんでした。配達中脳味噌を使わずに余ったので勉強の方に使おうという算段だったのですが、どうしても終わったら疲れてしまいます。これはバイトの回数を生活できる最低限の数にし …

no image

リスクマネジメント

リスク スコープ、スケジュール、コスト、品質などプロジェクトの目標に影響を与える深実な事象のことです。現在起こっているものは問題であり、未来に起こるかもしれない問題のことを指します。既知のリスクと未知 …

no image

動物の認識

 「動物と人間の世界認識」を読んでいます。この本は他の動物の世界はどのように見えているのかを科学的に観察し、想像してみる本です。他の動物は人間と同じ世界を見ている訳ではありません。理性がないと言われて …

no image

面接!

 明日は面接なので、短めにしたいと思います。今まで面接をしてこなかった人生なので、ここらで鞭を打ちたいと思います。はい、前職では電気工事を行っておりました。具体的には新築建造物や工場などの電気供給に必 …

no image

森美術館

 森美術館にいって来ました。メンバーは草間彌生、村上隆、リ・ウファン、宮島達男、奈良美智、杉本博司です。草間彌生と村上隆以外は知らなかったのですが、全員すごい方でした。今まで行った美術館で一番お得に …