未分類

重複、漏れ、ズレを防ぐ

投稿日:

自分の意見を相手に述べる際、その根拠や方法に重複、漏れ、ズレがあれば相手の理解を得ることはできません。重複があればこちらが混乱していることが相手に伝わるのでその話の信用性が失われ、狙い通りの反応を受け取ることができなくなってしまいます。根拠や方法に漏れがあれば論理が飛躍していることになり、理解することは困難になることが予想され、ズレがあれば結論とその根拠や方法に筋が通らなくなるので理解することはできないでしょう。

重複しないために

重複のない意見を述べるためには自分の意見を構成する要素を重複することのない、しかも漏れがないような部分からなる全体像として認識することが必要なのです。こうすることで頭の中でグループ化して考えることができ、それぞれのグループで分けて考えることで重複することを防ぐことができます。ここで一つ重要なポイントとして厳密にグループ化することが大事なのではなく、相手にとって理解しやすいようなグループ化が大事になってきます。グループ化という手段を目的化しないようにするということです。

漏れをなくすために

漏れをなくすということは話の飛びを無くし、誰でも理解できるようにすることにつながります。これの対策として、日頃からso what? / why so?を考えることを習慣化しておくことが推奨されています。so whatとは、結局どういうことなのか、簡単にまとめることで、why so?は どのようにしてその結果が導き出されたのか一つ一つ順序立てて並べていくことを意味します。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Nordic Escapes

 今日このアルバムを聴いてとても感動したので書かせてもらいます。クリスチャン・ヤルヴィンというエストニア生まれの指揮者の方が手掛けたアルバムで、クラシックとジャズとアンビエントをミックスした音楽です。 …

no image

1日休み

 今日は1日休みだったのでダラダラしていました。linuxを勉強したのでそのことを書きます。コンピュータは大きくソフトウェアとハードウェアに大別することができて、ソフトウェアをさらに分けると基本ソフト …

no image

歌舞伎

 今日から「歌舞伎入門」を読んでいます。全く未知の世界なので少しワクワクです。少ししか見ていないのですが、今までのところを書きます。歌舞伎は日本のワビサビとは結構対極的にある立ち位置で、市民の感情を爆 …

no image

一本足の鳩

 今日は面接を受けにいきました。多分いけると思いますが、また落ちるかもわかりません。面接前に暇だったので近くの広場のベンチで考え事をしていました。ベンチが輪っかになってたくさんあり、色々な人々が各々の …

no image

あけましておめでとうございます。

2021年が始まり、朝からおせち料理を食べて大変満足でした。今はダイアナクラールというジャズピアニスト兼ボーカリストの新しいアルバムを聴きながらブログを書いているのですが、とても聴きやすく、この前聴い …