未分類

3,14159265358973・・

投稿日:

円周率について学びました。円周率はπで表すことができるのですが、これは演習の長さとその直径の長さの比を表しています。この比はどの大きさの円でも一緒で定数と呼ばれています。ギリシャ語で円周を意味するperimetrosの頭文字から来ています。ここで問題となるのが直径は長さを図ることができるのですが、円周は正確な長さを図ることができません。数学の時間で円周の長さを求めることができたのはこの円周率が3,14・・だとわかっていたからです。では昔の人はどのようにして円周を求めたのでしょうか?それは円を直線で表し、近似して求めるということでした。それを最初に試みたのがアルキメデス(紀元前287年〜紀元前212年)で円を正多角形で表し、結果的に円を正96角形で表すことで円周率の3、14を得ることに成功しました。もう少し詳しく見てみると、直径1の円周πを求めるには、内接正96角形の周長<π<外接正96角形の周長を満たすので223/71(=3.140845・・)<π<22/7(3.142857・・)でπの正体が3.14であることを突き止めました。実物の円の計測からπを得るのは困難なのでアルキメデスは近似値的にπの値を求めました。この時代から現在まで円周率を求める冒険が始まります。現在ではコンピュータの力も借りて10兆桁まで求めることに成功し、円周率がどのような性質を帯びているのかある程度わかるようになりました。そこからわかったことにπが万能数で完全なランダムである数で0から9の数字が均等に現れていることがわかっています。万能数とは任意の有限数列を含んでいる数のことで、0が1万個並ぶ数列も、7が1兆個並んだ数列も存在しているのです。不思議すぎます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ペルソナ

 バイト前に本屋で「ペルソナ 脳科学の闇」という本を読みました。東京の電車の広告に度々出ていた本でなんとなく読んでみたのですが、この本はどんな本かというと、著者は脳科学者の方で内向的な方だったのですが …

no image

PHP2

 クラスプロパティを学びました。public static ~ で定義するのですが、これはクラスのインスタンスの合計のカウントをとるときに使い、アクセスはクラス名::$クラスプロパティ名で取得します。 …

no image

東京

 今日は東京で過ごすことになりました。図書館で過ごしていたのですが、村上隆と村山槐多の作品集を見ました。村上隆は

no image

配達中の無

 今日は配達中は何にも考えていませんでした。配達中脳味噌を使わずに余ったので勉強の方に使おうという算段だったのですが、どうしても終わったら疲れてしまいます。これはバイトの回数を生活できる最低限の数にし …

no image

面接終わりました

 予定していた会社の面接は見事通過し予定の研修を受けることになったのですが、そのつぎに受けた企業さんの面接でボロボロにやられました。人事の方が今まで話した中で一番強敵だったのでウントもスンとも言えませ …