未分類

java

投稿日:

 javaを勉強しています。今日やった内容はjavaの考え方の基本となるオブジェクト思考について学びました。オブジェクト志向とは、開発者が楽でわかりやすく、楽しく開発を進めるために考えられた概念で、コンピュータの中でも現実世界と同じように登場人物の種類で分けようというものです。これがなければ、ズラーっと同じファイルにコードを並べることになるので、もしエラーが起きてやり直そうものなら大変です。オブジェクト志向で登場人物によって分けて開発を進めていけば、機能を追加するにも便利だし、その機能を他の人に任せて共同で効率良く開発を進めることができるので使わない手はありません。具体的にどのようなものかというと、クラスで登場人物を分けます。Javaのプロジェクトでは主に2種類のクラスに大別することができ、一つ目が命令を書く神様クラス、二つ目が複数の登場人物クラスです。神様クラスでは登場人物クラスに書かれたメソッドを使ったりと、実際に命令を与えてプログラムを実行する役割があります。登場人物クラスでは神様クラスで使われる各々で異なる機能を記述します。神様クラスではmainメソッドを記述します。これはjavaの決まりである一番最初に実行されるメソッドです。登場人物クラスにはmainメソッドで実行されるメソッドを記述します。このクラスにはその登場人物に使うデータである属性と、mainメソッドで使われるメソッドである操作を書きます。属性では変数定義を行い、一貫して変わらない値を変数に定義するときは先頭にfinalを記述します。登場人物クラスで定義した変数をメソッドのなかで呼び出す場合はthis.変数名とします。これはもし仮にローカル変数や引数に同じ変数名を使っていた場合にそっちの方が優先されて使われるので思い通りの実装ができない可能性が出てくるためです。パッケージの概念も復習しまして、クラスをまとめる際にこのパッケージを使うのですが、このパッケージのクラスの変数を使う場合はパッケージ名.クラス名.メソッドで使うことができ、これを完全限定クラス名(FQCN)といいます。この記述が何回も出てきて煩わしい場合はそのファイルの冒頭にimportでパッケージを呼び出すことでそのパッケージの記述を書かなくても済むようになります。よく使うSystem.out.println()はjava.lungというパッケージが省略されている形で、このjava.lungはよく使うのでjavaにデフォルトで省略できる仕組みになっています。今日使ったMath.min(a, b)はaとbでどちらか小さい方の値を出力してくれるメソッドです。

 今日から新しい本を読み始めました。「水の不思議」という本です。これは万物の根元は水であると哲学者のタレスが言ったように、水はめちゃくちゃ大事な物質で生き物の根元的な物質になっており、水がないと生き物は生存できません。人間の3分の2は水でできていて、この水によって栄養素や酸素が運ばれ、生きている。地球は太陽からの距離やちょうどいい大きさだったので水が存在することができた。この水が試行錯誤の末に油滴を作り、それが内部に栄養を蓄えれるようになり生物となった。この生物は単独では存在し得ないので、その排便を食にするもの、それを食にするものと、、、と食物連鎖を生み出した。やがてそれが肥大化し、現在のような共生環境が出来上がった。この食物連鎖は生物が生きていく上では必要な仕組みである。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

砂漠と文明

 今日は脳味噌がなぜかパンパンだったのでダラダラしていました。新しい本を読み始めたのですが、これが「砂漠と文明」という本でして優しい感じの本かなと思っていたのですが、内容が哲学チックで読むのが大変です …

no image

kind of blue

 ジャズの名盤です。これについて書きたいと思います。このアルバムはマイルスデイヴィスがリーダーの1959年にリリースされました。ここからいわゆるモードジャズの始まりと言われています。既存のリズム感や即 …

no image

初投稿!

ブログを始めることにしました。理由は単純で、アウトプットをして知識を深め、もっと楽しくなるように考えることができるようになりたいと思ったのと、何より新しいことを始めたいと思ったからです。 文学、プログ …

no image

仕事について

 今日もビジネスについて書こうと思います。ビジネスというのは資金を調達して、その資金で価値を生み出し、お金を儲ける。ということなのですが、このビジネスを利用して何ができるのか、何をするべきなのかを考え …

no image

読字力2

 今日は歯医者にいく以外に予定がなかったのでゆったりと過ごしました。昨日の本の続きを見ていました。著者はこれからのデジタル世代の若者は深い読みができなくなると危惧しています。深い読みというのはその文章 …