未分類

kuukyo

投稿日:

 今日は面接が二つありました。一つ目は第一志望の企業さんで他に3人一緒に面接を受けました。みんなそれぞれ違う職種で違う人生を歩んできているので面白いという風に感じました。みんなで飲みにいきたいとも思いました。面接の内容も一人一人質問に答えていくスタイルだったのですが、なんと一番最初に答えることになったのですが、一番最初は結構気楽にいけた感じでした。他のみんなが質問に答えている間は気が抜けまくりでした。みんなが質問に答えている間にその人の人生のことを考えました。全く違う人生ですごく興味があり、でもやっぱり面接なので逼迫した感じがあり、もっと本物を見せて欲しいとまで思いました。まあこんな感じで書いてますが、どういう感触かというと、多分落ちました。まあどうとでも慣れという感じですね。切り替えてやっていこうと思いました。そもそも面接まえかに考え事をしていたのですが、まじで働きたくないという風に思い、面接どころではありませんでした。やっぱり世の中おかしいですよね。これだけ労働労働するのもどうかと思いますし、もう少し効率良く、ゆっくりとすればいいのにと思います。2社目の面接は軽い感じで次の面接に進みました。

 YouTubeで落合陽一がクラシック音楽業界の偉いかたとお話していたのを聞きました。落合陽一の物事の理解の深さはどこからきているのかとても不思議で、頭がいいひとは人間の感覚みたいなのには興味がないというイメージがあるのですが、あの人はむしろそれを突き詰めていて、考えることはとてもロジカルで、話を聞く時もメモをしながら話を聴いているし、質問もとても核心をついていて、その姿勢がめちゃくちゃ勉強になります。とても憧れの人です。中学の仲の良かった同級生に似ているところもお気に入りです。少しずつ頑張ろう。

 もう一人お気に入りの人にヨビノリさんがいます。この人も頭がめちゃ良くて話がとてもわかりやすいし面白いです。勉強の面白さを広める活動をしているのも好感を持てます。これだけ頭がよかったら普通の人全く違う感覚を持っている気がするのですが、あの人は優しいのでこちらのことを理解することにエネルギーを使ってくれています。ある種の可愛らしさを持っていて、とても憧れています。こういう人たちがいるから、世の中もまだまだ捨てたものではないですよね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プログラミングについて

プログラミングの本を読みました。今回は実際の処理の裏側で動いている処理を学びました。コンピュータは0と1しか認識できません。人間がプログラムで書く文章を0と1に変換する機能をアセンブラやコンパイラが担 …

no image

死なないやつら

 今日面接を3つこなしました。もうだいぶ慣れてきたのでイージーモードなのですが、なかなか内定を獲得することができません。あと少しだと思うのでこのまま頑張りたいと思います。あ、一つ内定をいただいたのです …

no image

ページランク

インターネットにより世界中のユーザーがウェブページを閲覧できるようになり少しでも疑問に思ったことをネットでキーワードを打てば見たいものがすぐに出てきます。ウェブページの量は膨大なのですが一体どのように …

no image

プロジェクトマネジメント

プロジェクトとは 一つの目標を達成するための業務の集合をいいます。特徴として期限と目標が決められており、プロジェクトを細かくした複数のタスクから構成されています。通常の業務との違いは明確な期限が決めら …

no image

信念を持つ

信念とは、それが正しいと堅く信じている心のことを指します。最近はとても大事な言葉だと思ったのでここで少し書こうと思いました。なぜ大事だと思ったのかというと、迷いがなくなってスッキリ生きることができる …