未分類

React

投稿日:

もう気がついたら1月の半ばで働くまで二週間となっていました。哲学の本を読んでいる場合ではないので明日返しに行ってきます。これからは基本的に勉強した内容をアウトプットすることにします。

Reactとは

Reactはjavascriptのライブラリです。javascriptというのはブラウザが実行するWebページに動的な動きをつけるために記述するプログラミング言語です。最近ではブラウザが実行するクライアント側専用の言語からサーバーとアクセスしてデータベースを使ってやりとりすることができるサーバー側と従来のフロント側の両方をjavascriptで記述することができます。このreactはフロント側に特化したライブラリでより効率的に、素早く処理を行うことができます。Reactの特徴としては指定したhtmlのDOMに新たに記述した仮想DOMの内容をそのままページに反映させることができます。通常のWebページの読み込みはサーバーにページの問い合わせをしてデータを変更してページを1から作り直します。しかしReactの場合は変更したデータの内容に関わっている部分だけを変更することができ、さらにデータの受け渡しをReactの中で完結させることができるのでとても高速にページを変更させることができます。

DOMとは

DOMはhtmlを階層的に取り扱う仕組みのことを言います。ブラウザがhtmlで記述された文字を読み取って文字列としてページに反映させるのですが、DOMを採用することによってどの部分がタイトルでどの部分が中身の部分でユーザーが入力する部分はどこで行われるかなどが瞬時にわかります。このDOMの仕組みを利用して検索エンジンはSEOを行っています。さらにcssでhtmlの文字に装飾する場合もDOMツリーの要素を選択することによって簡単に実現できます。javascriptはそのツリーの要素を指定して動的な動きをつけるのです。

Reactの設計

Reactはコンポーネントを使って変更する内容を記述した要素を作り、そのコンポーネントを組み合わせてDOMツリーに組み込みます。この時に一つのコンポーネントは一つの要素を返すように記述するのですが、その時に使われるのが仮想DOMツリーです。

仮想DOMツリーとは

React独自の概念で、htmlで記述するDOMツリーの内容に限りなく近い記述で要素を書くことができます。javascriptでもjqueryというライブラリを使って簡単にhtmlの要素にjavascriptで記述した新しい要素を組み込むことができるのですが、Reactはもっと簡単でわかりやすいです。facebook,instagram,twitterなどモダンなアプリケーションにはほとんどReactが登場します。

まとめ

Reactの外観はなんとなく掴めてきたのであとは自分で考えてアプリケーションを作成できるようになりたいです。最近は参考書をそのまま書くだけだと全く見にならないことがわかったので参考書をそのまま写すことはやめ、自分でやりたい実装を考えてそれに必要なものを参考書から参考にするということをしていきます。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

kind of blue

 ジャズの名盤です。これについて書きたいと思います。このアルバムはマイルスデイヴィスがリーダーの1959年にリリースされました。ここからいわゆるモードジャズの始まりと言われています。既存のリズム感や即 …

no image

配達中の無

 今日は配達中は何にも考えていませんでした。配達中脳味噌を使わずに余ったので勉強の方に使おうという算段だったのですが、どうしても終わったら疲れてしまいます。これはバイトの回数を生活できる最低限の数にし …

no image

読字力2

 今日は歯医者にいく以外に予定がなかったのでゆったりと過ごしました。昨日の本の続きを見ていました。著者はこれからのデジタル世代の若者は深い読みができなくなると危惧しています。深い読みというのはその文章 …

no image

dispatch

dispatchはアクションを引数に受け取り、reducerを動かします。reducerには現在のstoreとactionが渡され、storeの値を更新します。dispatch関数の実行の仕方は二通り …

no image

ロジカルシンキング

論理的な思考方法を身につけるための本です。筆者は練習すれば誰でもロジカルなコミュニケーション技術を習得することが可能だと言っています。なぜなら、経験則的に、訓練すれば誰でも身につけることができると確信 …