未分類

なぜ脳は神を作ったのか?

投稿日:

この本は脳科学者の苫米地さんが脳科学、言語学をはじめとした社会学の観点から信仰心とはどのようなもので世の中にどういう影響を与えているのか、これから先どのように文明を築き上げていのか書かれています。まず最初に神とは何かについて書かれています。

神とは?

自分の力ではどうにでもならない時に人は神様にお祈りをします。ではその神とは何なのか、それは二つの観点から述べることができて、一つ目が神が本当に存在しているということを前提としている観点で、二つ目が神は実際には存在せず、人間の脳の中で作られているという観点です。両方に共通する部分は二つとも脳味噌を介して存在していることが挙げられます。簡単にいうと、脳味噌に神が入り込んでしまえば両者に相違はないのです。それではなぜ人間は神を作り出すのでしょうか。それは人間が不完全な情報システムだと自覚し、さらに根元的に死の恐怖が存在することにも起因します。死の恐怖は遺伝子にプログラムされています。しかしその死は自分の権外の出来事なのでそこに完全世を求めて紙を作り出したのです。

感想

自分の力が及ばない現象には確かに何者か完全性をもった何かに祈るということは経験があります。そもそもなぜ祈るのでしょうか、それは人間は根元的に完璧主義なところがあるのではないかと考えられます。何か予定が狂ってしまえば苛立ち、ああすれば良かったなどと後悔の念を抱きます。理想があって、その理想と現実が乖離している場合にこの差を何とか埋めようと必死にもがく生き物なのでしょう。この本でこの世の中は決定不確実、つまり確率的にできている問いのを見ました。時間や空間までもがたまたま出来上がり、宇宙誕生から今日までの全てがたまたまの上で成り立っている、そんな中で人間はこうありたい、こうであって欲しいという願いを抱く生き物であり、その決定不確実なものに対して真っ向から「たまたま」反抗しているのです。その思いが国家やお金、会社、家族、など抽象的なものを作っていき、現在の文明があるというところに非常にロマンを感じました。

-未分類

執筆者:


  1. 天才 より:

    こんな状況だけど上京は問題なさそうかい

天才 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

ジャンヌダルクとは

 今日は何もなかったので本を読んでいました。「日本史で学ぶ経済学」を読み終わり「ジャンヌダルクの生涯」を読んでいます。まずは前者の方から書きたいと思っていて、この本で学んだことは今のシステムは過去に作 …

no image

二日目

今日はどうしても書きたいものがあるので書かせてください。 まず一つ目、テックキャンプがついに終わりました、、!2ヶ月半プログラミング漬けだったわけですけれども、終わってみると案外あっという間でした。オ …

no image

プログラミングについて

 今日はプログラミングについての第一回目なので、なぜプログラミングについての記事を書こうと思ったのかを書こうと思います。ずばり、お金のためです。仕事をやめて何をやろうか考えたときに、もっと自分の時間を …

no image

面接終わりました

 予定していた会社の面接は見事通過し予定の研修を受けることになったのですが、そのつぎに受けた企業さんの面接でボロボロにやられました。人事の方が今まで話した中で一番強敵だったのでウントもスンとも言えませ …

no image

今週終わり

今週もようやく終わりました。今まで感じたことがなかったのですが週末ってとても良いなと感じました。さっきからGoogle マップでどこに行こうか、というのを気付いたら一時間くらい考えていました。結果、明 …