未分類

クリスマス

投稿日:

今日は配達でお客さんがサンタの格好をして出てきました。表情も明るく、なんの恥ずかしげもない様子だったのでこっちも、サンタさんを相手に接客をしている、ということを意識していました。気づけばクリスマスもいつの間にか終わっていました。元からクリスマスには懐疑的だった人間だったのですが、この歳になってクリスマスの日も悪くないと感じるようになりました。まあ過ぎていたのですが。

抽象と具体

岡本太郎だったと思うのですが、私たちは抽象と具体との狭間で生きているという文章を読んだことがあったのですが、読んだ当時は理解することができず、モヤモヤした感じが残っていたのですが、最近になってようやくその意味がわかってきた気がします。配達をしているとたくさんの風景や人、ものが通り過ぎて行きます。なのでよくこれらは一体なんだろうと考えることがよくあります。もちろんそれらの名前を答えて当てはめることはできるのですが、それが一体なんなのかよく考えてみるとわからなくなってきます。例えば車、みんな何気ない顔で運転しているのですが、実際にその車がどのような仕組みで動いていて、どういう物質で構成されているのか理解して運転している人はほとんどいないと思います。ただみんな、車はアクセルを踏んだら動いて、道路を走って、目的地に到達する手段だと認識しているに過ぎず、車とは果たしてなんなのかを知っている人はいないのではないかと考えます。これってものすごく抽象的なことだというように気がつきました。どこからが具体的でどこからが抽象的なのか、その判断は難しいところだと思うのですが、突き詰めれば全部抽象的だと考えることができます。なぜかというと、車は抽象的なものですが、それをどんどん具体的にしていくと物質に行き当たり、この物質がそもそも抽象的だと考えることができます。科学ではこれがなんなのかわかっていないからです。科学はなぜ?という疑問はタブーとされています。どのように構成されているのかは観察によって答えることはできるのですが、なぜ存在しているのか、これに答えることはできないからです。岡本太郎はこの突き詰めれば全部抽象的という事実と、人間がそれだと脳が認識するためにかけるコストが大きくなってしまうのでなんとなくで認識してしまうことによって生じる具体との間に生きているということなのではないでしょうか。結局何が言いたいのかというと、世の中思っているよりヤバイということです。とんでもない世界に住んでいることを改めて感じました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

進化しすぎた脳2

 今日は面接を2社受けました。一社目はなんか可愛らしい感じのかたで内定をもらえそうな感じでした。2社目の方は単調な質問ばかりで足がガクガクふるえていました。対極な感じでいい経験ができたと思います。明日 …

no image

ロジカルシンキング

論理的な思考方法を身につけるための本です。筆者は練習すれば誰でもロジカルなコミュニケーション技術を習得することが可能だと言っています。なぜなら、経験則的に、訓練すれば誰でも身につけることができると確信 …

no image

砂漠と文明

 今日は脳味噌がなぜかパンパンだったのでダラダラしていました。新しい本を読み始めたのですが、これが「砂漠と文明」という本でして優しい感じの本かなと思っていたのですが、内容が哲学チックで読むのが大変です …

no image

焼肉へいきました

 今日は焼肉を食べました。満足。カルビが韓国語で肋骨という意味だということを初めて知りました。ちなみにてっちゃんは大腸の部分だったのです。おじいちゃんがまだ真っ赤なお肉を自分のお皿入れきて殺す気かと思 …

no image

創造性とは何か(続)

創造性とは 創造性とはここではただ単にものを生み出すという意味ではなく、その生み出したものによってどのような問題を解決することができるのかまでを創造性と呼んでいます。ここまで人間が文化を発達させ、生き …