未分類

コンピュータについて

投稿日:

最近よくコンピュータ関係の本を読んでいるのですが、何も知らなかった頃よりもコンピュータを好きになっているのを感じます。学生の頃とかもっと小さい頃にもコンピュータを触る機会があったのですが、本当に嫌いでした。何が行われているのか理解できなかったので、使うたびに胸の奥の方がギュッとなるあの自尊心を痛めつけられている感覚を味わっていました。この感覚は現在も毎日のように味わっているのですが、慣れてきたというか、これを我慢して理解した先に面白い世界があることを知っているので乗り越えることができるようになってきました。さらに最近はこの胸の奥がギュッとなる感覚を味わうということは理解できるようになる余地が残されていると解釈するようになっているので、この感覚はチャンスだというように捉えています。

コンピュータとは

コンピュータとは結局値を入れて、それを返してくれるだけの存在です。中ではとても複雑なことをやっているのですが、人間のように同時並行で処理が行われず、論理的に組み立てていくだけで至ってシンプルなのです。なんのためにコンピュータを使うのかというと、人間の能力の限界を超えて、さらに面白いことをできるようにするためだと思っています。

リアルとフェイク

話は変わってアートの話なのですが、読んでいるところで興味深い部分がありました。それは作品の本物と偽物の違いについてです。偽物は一般的に価値がないと思われるのですが、それが偽物だと気づかない場合には価値があることになります。その偽物が美術館に展示されてその偽物の作品を鑑賞者が見て本物と同じように感動を与えた場合に、果たして本物と偽物の違いはどのようなものでしょうか。確かにこれは偽物だとわかった状態で作品を見た場合に本物の作品を見ているよりも感動が薄くなってしまうことがあると思うのですが、それはその作品が偽物というレッテルが貼られているだけで観賞における芸術的な価値とはまた別のものだという意見を見ました。確かにその通りで小説などもコピーしたもの、言い換えれば偽物の作品を見ている訳で受ける感動は全くそれに依拠しません。それにも関わらず、人間は本物と偽物を分けて考えようとしますし、本物は偽物よりもうんと価値が上がります。でもこれはなぜだろうと考えてみると面白いですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Swift2

 おそらく今日からしばらくプログラミング言語のswiftメインになってしまうと思います。なぜswiftをやっているかというと、転職するためにポートフォリオを作らないといけないのですが、swiftだと割 …

no image

なぜ脳は神を作ったのか?

この本は脳科学者の苫米地さんが脳科学、言語学をはじめとした社会学の観点から信仰心とはどのようなもので世の中にどういう影響を与えているのか、これから先どのように文明を築き上げていのか書かれています。まず …

no image

カレンダーアプリ改

全く理解できなかったreduxがほんの少しわかってきたのでカレンダーアプリに戻りました。当初の予定では1月中にはカレンダーアプリを作成し終わる予定だったのですが、カレンダーアプリを舐めていたこともあり …

no image

動物の認識

 「動物と人間の世界認識」を読んでいます。この本は他の動物の世界はどのように見えているのかを科学的に観察し、想像してみる本です。他の動物は人間と同じ世界を見ている訳ではありません。理性がないと言われて …

no image

読字力

 今日から「デジタルで読む本✖️紙の本で読む本」を読み始めました。どんな内容かというと、デジタル化が進む中で読解力はこの先変化があるか?という内容です。デジタル化が進み、情 …