未分類

ビンゴゲーム

投稿日:

明日は企業さんの面接で自分の作ったプログラムを説明しなければいけないのでその練習をします。

1、ビンゴカードの作成

BingoCardクラスを作成し、その中でinitializeメソッドでインスタンス変数である@bingo_cardのなかにビンゴカードの番号をランダムで生成してビンゴカードを作ります。BingoCardクラスのインスタンスをperson = BingoCard.newで生成し、initializeメソッドを動かしビンゴカードを生成します。

2、ビンゴボールを取り出す

そのつぎにBingoBallクラスを作成し、クラス変数である@@array_bingo_ballを定義して配列としてその中に1から105の値を格納します。BingoBallクラスにpick_bingo_ballメソッドを定義して@@array_bingo_ballに格納してある数字をランダムで選び出し、それを配列の中から削除します。pick_bingo_ballメソッドの返り値としてビンゴボールのナンバーを返します。

3、ビンゴカードを表示し、数字を照らし合わせる

返り値として取り出したビンゴナンバーをdisplay_bingo_cardメソッドの引数に入れて、自分のカードにその数字があった場合にその数字を()で括り、CountBingoクラスで定義したクラス変数の@@count_vertical_line、@@count_horizon_line、@@count_rising_right_line、@@count_downward_right_line、の値に+1をします。このクラス変数はあとでビンゴしている数とリーチしている数をカウントして表示する際に使う変数で、数字に穴を開けるのと同時にカウントしておきます。尚、右上がりと右下がりのビンゴ数とリーチ数は特定の場所でカウントしなければいけないので場合わけをしてカウントをします。

4、ビンゴ数、リーチ数を出力

最後にCountBingoクラスで定義したcount_reachメソッドとcount_bingoメソッドを使ってリーチ数とビンゴ数を出力させます。CountBingoクラスで定義した先のクラス変数に入れてある値をカウントしてそれぞれの列でリーチの数とビンゴの数をカウントして出力をして完成です。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

音楽について

 四つ目は音楽についてです。音楽は好きです。なぜ好きなのかというと、気持ちが楽しくなるからです。良く聴くジャンルはロックンロールです。好きな音楽の種類は小さい頃から耳に馴染んでいる音楽だというのをどこ …

no image

読字力

 今日から「デジタルで読む本✖️紙の本で読む本」を読み始めました。どんな内容かというと、デジタル化が進む中で読解力はこの先変化があるか?という内容です。デジタル化が進み、情 …

no image

歌舞伎2

 昨日の続きで「歌舞伎入門」を見ています。歌舞伎は昔の出来事を題材にしていて、名前をわざと変えたりしていることがわかりました。戯曲や演劇と違い、物語に文学性を帯サスことはなく、役者が引き立つように物語 …

no image

パッケージ

今日は普段使っているパッケージについて学びました。いつもパッケージ管理ソフトのyarnを使ってインストールやら実行やらを行っているのですが、それが内部でどのような動きをしているのかなんて考えたこともあ …

no image

抹茶ガトーショコラうまし

さっきバイト先の方からいただいた抹茶ガトーショコラを食べました。気楽に頑張ろうと思いました。今日はバイト先でやらかしてしまったのでそのアウトプットと勉強のアウトプットをしようと思います。 カレーをひっ …