未分類

反省

投稿日:

今日は色々と反省するべきことがあるのでそれについて書こうと思ったのですが、それよりも勉強のアウトプットをした方が反省になるなと思ったのでそうします。

カレンダーアプリ

今日の実装は予定を入れたらサーバーにデータを送って、それをデータベースに保存して呼び出す実装を行いました。実装といっても今日はひたすらコピーアンドペーストで動きを確認しての繰り返しだったのですが、理解していることを書きます。今までの実装ではreactのアプリ内のファイルにデータを記述してそこからデータを読み込んで画面に表示させていたのですが、今回はそのファイルとは別にサーバー用のファイルからapiというサーバーとやりとりをしてくれる仕組みを利用してデータの受け渡しをして画面に表示させました。今までは画面をリロード されるたびに変数に格納されていたデータがリセットされたので画面に表示させるデータもなくなってしまっていたのですが、サーバーを介してデータを受け取ることでそのサーバーが管理しているデータを持ってきて画面に表示させるのでリロードせずに普段使っているアプリケーションと同様にデータを保持させることができました。今ざっと復習してみてサーバーがどのようなものなのか、どのようにデータが持ってこられているのか、どういう仕組みでサーバーからデータを持ってくることができるのかなどを理解していないことがわかったので二週目にやる際にはもっと理解を深めながら実装を行いたいと思います。作りながらも全く理解できていないなと思うところもあるのですが、焦らずにゆっくりと理解していきたいと思います。

シェル

シェルについて学んだので書きます。シェルとはコンピュータのCPUの中核部分であるカーネルと人間の間を取り持つソフトウェアです。人間は直接カーネルとやりとりをできないのでシェルにコマンドを入力してそれに対応した処理をカーネルが行います。なぜ直接カーネルとやりとりができないのかというと、カーネルというのはosごとに作りが違うのでそのosでのやりとりが他のosで行う場合に同じではないという点と、直接やりとりをしてしまうと予期せぬエラーが起きてしまった場合に直接カーネルに影響を与えてしまう可能性があるという点と、シェルをカスタマイズしてどんどん使いやすくしていくことができる点が挙げられます。なので現在はシェルの種類が豊富にあります。その種類ごとにコマンドが違ったり、便利な昨日があったりします。そのシェルコマンドを入力する画面を提供するのがターミナルで端末を意味するのですが、昔はカーネルに直接つながっていてターミナルが回路の一番端っこに位置していたのでこの名前がついています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

パッケージ

今日は普段使っているパッケージについて学びました。いつもパッケージ管理ソフトのyarnを使ってインストールやら実行やらを行っているのですが、それが内部でどのような動きをしているのかなんて考えたこともあ …

no image

帰りの電車で

 今日は友人と飲みに行っていたので軽く書いて終わりたいと思います。朝は本を読み、javaを少し勉強してYouTubeをみて出掛けにいきました。youtubeでは普通である感覚の分断が起きていて、そもそ …

no image

資本主義とは

 今日は面接がなかったので本を読もうという日でした。「死なないやつら」を読み終わりまして、これのことをかこうと思います。この本はものすごく面白かったです。なのでスイスイ読むことができてあっという間でし …

no image

プログラミングについて

プログラミングの本を読みました。今回は実際の処理の裏側で動いている処理を学びました。コンピュータは0と1しか認識できません。人間がプログラムで書く文章を0と1に変換する機能をアセンブラやコンパイラが担 …

no image

武士道2

phpの内容と読んでいる「武士道」の内容について書きます。 セッション セッションとはサーバー側に一時的にデータを保存する仕組みのことです。クッキーはブラウザ側で保存するのに対してセッションはサーバー …