未分類

明日はphpやります

投稿日:

 メルカリで購入したphpの参考書が届いたので少しやりました。明日バイトも何もないので進めたいと思います。さて今日はあさに統計の本を読み終わったのでそれについて書くのと、バイト前に読んだプログラミングの本のことを書きます。

統計分析とは

 統計分析はデータとデータの関連性を調べ、二つの間の因果関係を導き出すときに使う分析です。ここで注意したいのが統計を使って直接二つの間に因果関係が結ばれているということが判るのではなく、相関関係が判るというだけです。因果関係を知るためにはその二つの関わり合が単なる相関関係なのか、因果関係が結ばれているのか最終的に人間が考えて答えを導き出さなければいけません。統計はより論理に説得力を加え、多くの人たちに共通認識を持すために使います。人間はそれぞれバラバラの考えを持っているのでこの共通認識を持すということが人間が人間でいることができると考えることができます。普通に暮らしていれば自分の周りの統計(この時は母体数が小さすぎて統計学的に信頼性に大きく欠ける)、例えば普段普通に日本語で喋っていますが、世界人口で統計をとってみると日本語を喋ってるやつなんてごく一部だということがわかります。統計には普段当たり前だと思っているものを覆す、世界のありのままの姿を見させてくれる、人間世界での真実を追求するものなのです。

プログラミングとは(続)

 プログラミングはコンピュータに送る命令です。そもそもコンピュータは人間が抱えている問題を解決するために作られました。なので基本的には問題を解決させるためにプログラムを書きます。この問題解決の手順として、最初に問題の定義があり、そのつぎにその問題をどのように解決するのかの手順を考え、最後にそれを実行して解決するという方法をとります。真ん中の部分があるごりずむと呼ばれるものでプログラミングはここに当てはまります。プログラムは順次処理、分岐処理、繰り返し処理の三つで構成されます。しかし時代を経るごとに解決する問題が複雑になっていきそのプログラムのコードがとても人間が把握しきれなくなる事態がおきました。そこでオブジェクト志向という考え方が代替しはじめました。オブジェクト志向とはそれぞれのオブジェクトを部品として扱い、それを組み合わせることで一つの作品を作るイメージです。これによりそれぞれの役割をそれぞれの人たちが担当することによってより複雑なプログラムを作れるようになりましたし、より簡単に作ることができるようになりました。プログラミングの歴史はまだまだ浅いですが、そういう発展がどこの分野でも起きているのが面白いと思いました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

美術の話

 今日は朝は求人関係の作業で終わり、昼過ぎに面接を受け、そのあとはダラダラしていました。本は「片隅の美術と文学の話」を読んでいます。これは芸術家がどんな姿勢で作品と向き合ったいるのかを作家と画家、詩人 …

no image

仕事について

 今日もビジネスについて書こうと思います。ビジネスというのは資金を調達して、その資金で価値を生み出し、お金を儲ける。ということなのですが、このビジネスを利用して何ができるのか、何をするべきなのかを考え …

no image

読字力3

 今日で読字力の本は読み終わりました。簡単にまとめると、今のデジタル世代の若い世代は深い読みができなくなっていています。理由はリソースが溢れていてより簡単にまとめられた文章が溢れていて、それを読んで理 …

no image

一日バイト

 「経済のしくみ」を読み終わりました。この本はどんな本かというとアメリカのラジオを購入した際のドルの流れを辿っていき、各国の経済情勢と流れを物語として書かれていますが、物語は無理やりな感じがしますが、 …

no image

課題

今日は昨日よりも難しい実装をしました。簡単な世界にはいたくないとは言っておきながら何回かリタイアしようかなと思いました。ただその課題も細かく分けていけば解決できるような気がするので少し分析してみること …

PREV
決意
NEXT
php