未分類

歌舞伎3

投稿日:

 今日は歌舞伎の動画を見ました。20分くらいでしたが、ちゃんと見たことがなかったので面白い体験で、心がゾクっと震える場面がありました。歌舞伎の本も読んでみたのでなお楽しめたのかも分かりません。どこの場面に心を震わせたかというと、睨みの部分です。役者の方がセリフを言い終わって、感情がたか又時か、わからないですが、太鼓かハリセンみたいな音と一緒にテンポを合わせて手足、顔を動かす場面があるのですが、その最後に決めポーズで目を寄り目にさせて決めポーズを決めるんですが、そこがめちゃくちゃかっこいいと思いました。あの間と楽器の音と空気感がたまらなくカッコよく感じまして、これが歌舞伎かと思いました。本で、歌舞伎は能の厳しい武家の式楽的な精神の要求においてではなく、無邪気、絢爛さにおいて、日本で最も華麗な演劇を作り上げているということを学びました。要するに着飾った子供っぽさとでもいうのでしょうか、物語性や様式ではなく、歌舞伎らしさに芸術性を帯びているのが歌舞伎ということになりそうです。正直何を言っていてどんな場面なのか全くわからなかったのですが、楽しむことができました。就職が決まれば一度見に行きたいと思いました。

 歌舞伎の次は三島由紀夫の動画を見ました。この動画では東大全共闘での講演の話や、最後の演説、豊饒の海について学ぶことができました。三島のエピソードで体に対するコンプレックスを抱いていて、目の前の美を破壊し、そのおかげで生きていくという金閣寺に込められたエピソードも聴くことができました。豊饒の海に込められた意味は、実は空っぽの海だということに驚き、あれだけいろいろ動かれて活動していた方だったので、情熱人間というイメージだったのですが、そのイメージは間違いではないと思うのですが、実はその根底に深い虚無の森が広がっていたことに驚きました。正直見なければ良かったとさえ思ってしまいました。だってあれだけ日本のためを思って、美を追求していた人の根底がニヒルなんてこの先お先真っ暗になってシウじゃないですかと思ってしまいます。今は全然時代が違うのであの人の感覚を理解するのは難しいと思うのですが、あれだけ物事に真っ直ぐ取り組んでいる方だったのでなんだか本当のような気がしてしまいます。この動画で一番感動したポイントは三島由紀夫が友人に送った手紙です。その友人は近く結婚式をあげる予定で、その仲人を三島由紀夫が担当する予定だったのですが、例の事件でそれが叶わなくなてしまいました。そこで遺書としてその友人に手紙で三島の思いを告げたわけなのですが、その手紙に友人の仲人ができなくなるのは残念で今度の事は死が決まっていると、友人には結婚し、働き、人生を謳歌して欲しいという内容が書かれていました。すごくグッときてしまいまして、こんなことが現実に起こるんだということを思いました。自分の考えに命までかけて、日本を守ろうとした、その男が友人に人生を豊かに過ごして欲しいというようにメッセージで残したことに感銘を受けます。自分もちゃんと働いて、人生をちゃんと生きていたいと、そういう風に思いました。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

kind of blue

 ジャズの名盤です。これについて書きたいと思います。このアルバムはマイルスデイヴィスがリーダーの1959年にリリースされました。ここからいわゆるモードジャズの始まりと言われています。既存のリズム感や即 …

no image

21世紀の資本

 今日は勉強をしようとトマス・ピケティの「21世紀の資本」という本に挑戦しました。最初のはじめにしか読めていないのですが、そこの部分を書いていきたいと思います。この本は現在の資本主義がどのような結果を …

no image

方法序説

 今日は一日中休みだったのでだらだらしてしまいました。午前中はほぼ睡眠でデカルトの方法序説を読んでいました。昼は音楽を聴いていて、それからユーチューブで動物の動画を見てまた方法序説を見て、これじゃいか …

no image

テックキャンプのメンバーと

今日はテックキャンプのメンバーとご飯を食べに行ったのでその話と読んだ本の話をします。 生命とは  生物学者の福澤伸一さんとエッセイストの阿川佐和子さんの対談する本で生物がエントロピー増大の法則に抗って …

no image

zoomなう

中学の友達とzoomでオンライン飲み会をしています。三人でやっているのですが、相手の二人は一緒にいてスマブラをやっています。画面では二人がスマブラに夢中になっている映像がさっきから流れていて、中学校の …

PREV
歌舞伎2
NEXT
読字力