未分類

砂漠と文明

投稿日:

 今日は脳味噌がなぜかパンパンだったのでダラダラしていました。新しい本を読み始めたのですが、これが「砂漠と文明」という本でして優しい感じの本かなと思っていたのですが、内容が哲学チックで読むのが大変です。休日は優雅に読書タイムといきたかったのですがなかなかうまいこといきません。この本はどういう本かというと、砂漠から人類とはなんなのかを考察する本です。なぜ砂漠から考察しようとしているのかというと、文明を気づく前の人類は砂漠から繁栄したと考えられており、そもそも人類史学では歴史から文明を読み解こうとしています。時間軸的に読み解くというのも人間か何者なのかというのを考えるのは正しい選択なのですが、もっと根本である文明を築く前の人類が本質的に人間なのだと著者は考えているのでその文明が生まれた砂漠から人類を考えようということなのです。著者は人間とはなんなのかという問いの答えを探すためにアフリカにやってきました。これは物凄い行動力だし、本物だと思ったので自分もその本物の精神になんとかしがみついて触れていきたいと思います。現代では資本主義社会で企業があって従業員があって経済を回して、物資が豊かになっているように見えるのですが、自分の地域や国を少し出るだけでこの状況は当たり前ではないことになるのです。これは生まれた地域バイアスがかかってしまい、人間はそういうものなんだと思ってしまうことになります。そういう考えで生きた方が生きやすいとは思うのですが、いや、若いうちはいいかもしれないのですが、もっと感性が鈍化していって何かの拍子で自分が見てきた世の中が偽物だったと気づいてしまったときには時すでに遅しの状況になってしまうと考えられます。そうならないために今の若いうちに自分の認識世界を広げていくことが大切だと思っていて、日常を疑うということを心がけていきたいと思います。社会人になるまで勉強も全くやってこずに、狭っ苦しい世界でやってきてしまったので、ここらで一気に広げる必要が出てきます。なぜこれをやるのかというと、前述のこともそうなんですが、やっぱり自分で本物を見つけたいというのが一番根底にあります。このまま社会に出て働いて、休日は遊びに行って楽しく過ごす、という生き方もいいとは思うのですが、せっかく人間として生まれてきて、こんなに自由にものを考えることができるのでそれをフル活用して、かっこいいことをしたいというのがあります。なので今の仕組み的には働いて経済を回して行かないといけないのですが、その仕組みに従いながら本物を見つけるというのも可能だと思っているので、むしろその仕組みを利用して本物を見つけるというやり方をしていきたいと思っているので今から頑張りたいと思います。試行錯誤でダメだったら違う道を、仮説力を高めてどんどん面白い方向へいけばいいなと思っています。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

森美術館

 森美術館にいって来ました。メンバーは草間彌生、村上隆、リ・ウファン、宮島達男、奈良美智、杉本博司です。草間彌生と村上隆以外は知らなかったのですが、全員すごい方でした。今まで行った美術館で一番お得に …

no image

人類とは

 「砂漠と文明」を読み終わりました。この本は文明が始まる前の人類は砂漠から始まったので、砂漠での人類の生活と文明を研究することで人間とは何者なのかを考察する本です。なぜ砂漠地帯から人類が生まれたのかと …

no image

振り返り&来年の抱負

2020年も今日で終わりです。なのでここで今年を振り返るとともに来年はどんな年にしたいかを書いていきます。 2020年 今までで一番色々なものが変わった年だと思います。仕事をやめてしばらくニート生活を …

no image

Nordic Escapes

 今日このアルバムを聴いてとても感動したので書かせてもらいます。クリスチャン・ヤルヴィンというエストニア生まれの指揮者の方が手掛けたアルバムで、クラシックとジャズとアンビエントをミックスした音楽です。 …

no image

一人暮らし開始

昨日引越しが無事に終わり、今日から本格的に一人暮らしが始まります。わからないことだらけで頭がパンクしそうですが、なんとかやっていきます。初めての夜ご飯のメニューは鍋でした。実家から持ってきた鍋の本を入 …