未分類

重複、漏れ、ズレを防ぐ

投稿日:

自分の意見を相手に述べる際、その根拠や方法に重複、漏れ、ズレがあれば相手の理解を得ることはできません。重複があればこちらが混乱していることが相手に伝わるのでその話の信用性が失われ、狙い通りの反応を受け取ることができなくなってしまいます。根拠や方法に漏れがあれば論理が飛躍していることになり、理解することは困難になることが予想され、ズレがあれば結論とその根拠や方法に筋が通らなくなるので理解することはできないでしょう。

重複しないために

重複のない意見を述べるためには自分の意見を構成する要素を重複することのない、しかも漏れがないような部分からなる全体像として認識することが必要なのです。こうすることで頭の中でグループ化して考えることができ、それぞれのグループで分けて考えることで重複することを防ぐことができます。ここで一つ重要なポイントとして厳密にグループ化することが大事なのではなく、相手にとって理解しやすいようなグループ化が大事になってきます。グループ化という手段を目的化しないようにするということです。

漏れをなくすために

漏れをなくすということは話の飛びを無くし、誰でも理解できるようにすることにつながります。これの対策として、日頃からso what? / why so?を考えることを習慣化しておくことが推奨されています。so whatとは、結局どういうことなのか、簡単にまとめることで、why so?は どのようにしてその結果が導き出されたのか一つ一つ順序立てて並べていくことを意味します。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初投稿!

ブログを始めることにしました。理由は単純で、アウトプットをして知識を深め、もっと楽しくなるように考えることができるようになりたいと思ったのと、何より新しいことを始めたいと思ったからです。 文学、プログ …

no image

諸々

品質について Q・C・Dはトレードオフだということを学びました。品質を高くすればコストが高くなるし時間だってかかります。コストを安くすれば品質が悪くなります。納期を遅らせれば品質よく安いものが出来上が …

no image

ハードボイルドワンダーランド

 最近は寝る前の読書タイムで、村上春樹の世界の終わりとハードボイルドワンダーランドを読んでいます。この本は二回目なのですが、前よりも面白く読めていると思います。前読んだときは不思議だなという感想で頭の …

no image

資本主義とは

 今日は面接がなかったので本を読もうという日でした。「死なないやつら」を読み終わりまして、これのことをかこうと思います。この本はものすごく面白かったです。なのでスイスイ読むことができてあっという間でし …

no image

動物の認識

 「動物と人間の世界認識」を読んでいます。この本は他の動物の世界はどのように見えているのかを科学的に観察し、想像してみる本です。他の動物は人間と同じ世界を見ている訳ではありません。理性がないと言われて …