未分類

野生動物

投稿日:

 今日は野生動物のYouTube動画をたくさん見ていました。きっかけは睡眠の本を読んでいて、そこでイルカの話題が上がって動画でイルカを見ていたら鯨が見たくなって、関連動画でトラの動画が流れてきてそこから段々野生動物の動画に移っていきました。今はドローンの技術や動物に扮した機械で野生動物を観察するということをやっていて、高画質で野生動物の生態を知ることができます。そこで今日一番感じたことは、野生動物は飢え、天敵など常に死と隣り合わせで自分がどんなに平和ボケた生活を送っているのかを思い知らされました。可愛らしい赤ちゃんの動物が他の動物に狙われやすく、母親がいない間に襲われたりとそれが日常茶飯事で、でもそれを狙っている奴らが悪者というでもなく、そいつらも生きるために行っていることで、そう考えると野生に生きている動物って神秘的だなと、生きていることだけでもすごいことで同じ時間を共有することは素晴らしいことだと思いました。今地球上にいる動物の総重量はほとんど家畜が占めていて、それも自然だと考えることができるけど、人間には知能があるので考える必要があると思いました。

 睡眠についての本を読んでいるのでそれについて書きます。睡眠というのは神経を休ませるのに必要な活動で、動物にはメカニズムとして組み込まれている。睡眠を取らせないようにしたら次の睡眠で不足した分だけ余分に睡眠をとるように働く。睡眠不足では泥酔状態に近い状態になり、脳の神経がうまくはたらかなくなり、最悪の場合死にいたる。よく追い込まれて徹夜で作業を終わらせることがあるが、それはとても効率が悪い。イルカは泳ぎながら眠ることができ、息継ぎも寝ながらすることができる。なぜこれができるかというと左右の脳で交代交代で睡眠をとることができるからである。つまり、半分寝て半分起きる状態でそれぞれの脳を休ませることができる。睡眠にはノンレム睡眠とレム睡眠があり、簡単にいうとノンレム睡眠が深い眠りで、レム睡眠が浅い眠りである。レム睡眠では夢を見る状態で、脳波が覚醒状態と変わらない。何が違うかというと、運動神経への伝達が行われないかである。レム睡眠はノンレム睡眠に必要な作業であり、これがないとノンレム睡眠ができない。記憶の定着もレム睡眠で行われることがわかっている。なんか少し、ポイ記事がかけてないですか笑 それでは。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

日本の経済

 「資本主義って悪者なの?」を読み終えました。資本主義は格差を広げていく仕組みになっています。いや正しくは資本主義の仕組みによって人間が格差を広げているという状況になります。これをなくすために新しい仕 …

no image

テネットみてきました。

 今日テネットをみてきました。クリストファーノーラン監督の作品なのですが、代表作にインターステラー、メメント、インセプションがあります。三つとも好きな映画なので今回も楽しみにしていました。ただ今回は最 …

no image

働くとはpart3

 今日いいことがありました。タイピングゲームの寿司打の高級ランクをノーミスでクリアすることができました。結構すごいと思います。一秒間に打つ文字数も4.6と最高記録を叩き出しました。これはもう誰か褒めて …

no image

砂漠と文明

 今日は脳味噌がなぜかパンパンだったのでダラダラしていました。新しい本を読み始めたのですが、これが「砂漠と文明」という本でして優しい感じの本かなと思っていたのですが、内容が哲学チックで読むのが大変です …

no image

パッケージ

今日は普段使っているパッケージについて学びました。いつもパッケージ管理ソフトのyarnを使ってインストールやら実行やらを行っているのですが、それが内部でどのような動きをしているのかなんて考えたこともあ …

PREV
Nordic Escapes
NEXT
Swift