未分類

httpリクエスト

投稿日:

ブラウザが何をしているのかを復習したのでそれについて書きます。ブラウザの上の入力フォームにhttpから始まるurlを入力するとそのurlに紐づいているデータを受け取り、画面に表示させます。その際に受け取るデータはhtmlやcss、javascriptの言語で書かれたファイルを受け取るのですが、ブラウザがそのデータをユーザーが見えやすいように表示してくれます。://の前で何を表しているのかというと通信の規約を表しています。webページの場合はhttp通信になるのでhttp://となります。他にもメールの送信や転送だった場合はSMTP、受信の場合はPOP、ファイルの場合はFTPだったりします。実際のviewを表示するファイルはそのファイルが格納されているurlの続きから/から先の文字列を入れてその文字列に対応したデータが送られてきます。そのデータを受ける仕組みを提供する仕組みがwebAPIと呼ばれるものです。このAPIがページに対応したurlを受け取ることによってページのコードが書かれているファイルを通信で渡します。その際にデータベースとやりとりする必要があればデータベースとやりとりをしてその値を送るファイルに反映させてブラウザに送ります。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

java

 javaを勉強しています。今日やった内容はjavaの考え方の基本となるオブジェクト思考について学びました。オブジェクト志向とは、開発者が楽でわかりやすく、楽しく開発を進めるために考えられた概念で、コ …

no image

読字力3

 今日で読字力の本は読み終わりました。簡単にまとめると、今のデジタル世代の若い世代は深い読みができなくなっていています。理由はリソースが溢れていてより簡単にまとめられた文章が溢れていて、それを読んで理 …

no image

 今日から「進化しすぎた脳」を見ています。めちゃくちゃ面白いのでそれについて書きます。脳みそがどんな役割を果たすのかというと、人間に命令を下す役割を持っています。動物は色々な感覚を脳を通して知覚してい …

no image

dispatch

dispatchはアクションを引数に受け取り、reducerを動かします。reducerには現在のstoreとactionが渡され、storeの値を更新します。dispatch関数の実行の仕方は二通り …

no image

javascript色々

letで変数宣言をした値は再代入する事が可能なので値を後から書き換える事ができます。再代入する際には違う型の値を入れる事ができるので型名も自動で変更してくれるのですが、その影響で予期しない型名が代入さ …