未分類

kind of blue

投稿日:

 ジャズの名盤です。これについて書きたいと思います。このアルバムはマイルスデイヴィスがリーダーの1959年にリリースされました。ここからいわゆるモードジャズの始まりと言われています。既存のリズム感や即興技術ではなく、全体の雰囲気を重視していて、ジャズに詳しい人とそうでない人との両方に指示されているという珍しいアルバムです。演奏者はトランペットにマイルスデイヴィス、ピアノにビルエヴァンス、二曲目のfreddie freeloderだけウィントンケリー、アルトサックスはジョンコルトレーンとキャノンボールアダレイ、ベースにポールチェンバース、ドラムスがジミーコブです。このアルバムを聞いてみた感想は個々人の演奏スキルがヤバイ、というのではなく、丁寧に弾いているなという印象があります。ハーモニーも美しく、思わずうっとりしてしまいます。1番のお気に入りは三曲目のblue in greenで特にビルエヴァンスのピアノが美しいです。このアルバムにはビルエヴァンスはピッタリだと思いました。今回で聴いたのが五回目くらいなのですが、何回でも聴けるし、聴くたびに好きになっていくような、そんなアルバムです。これから何回もお世話になるアルバムだと思うので、もっと理解できるのを楽しみにしています。

 今読んでいる本は「時空の歩き方」という本なのですが、今日はなかなかついていくことができませんでした。でもわかったことを書いていきたいと思います。まず、この世の中の時間と空間は絶対ではないことがアインシュタインが20世紀の最初の方に提唱した特殊相対性理論で証明されました。これは重力が時空を曲げて、光をも曲げてしまうので流れている時間も重力が強ければ強いほど重力の弱いところと比べて時間が進むのが遅いということがわかりました。普段生きていてそんなことを意識することはなく、理解に困るのですが、本当らしいです。これは地球上でも言えることで人言生きている間に無視できるほどの値ですが個々人でズレが生じています。ブラックホールは星が超新星爆発して、中の星の密度がめちゃくちゃ高くなり、そこに半端ない重力が生じて空間を歪めているのです。この中に入ってしまえば抜け出すことは不可能で、通信も中から返すことができません。中では時空が縮んだり伸びたりと重力はが発生しているので人間も伸びたり縮んだりしてしまうそうです。宇宙ってヤバすぎますよね、というか地球も十分ヤバくて、生物もヤバイ。この世の中まじでヤバイ、そんな日でした。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

仕事について

 今日もビジネスについて書こうと思います。ビジネスというのは資金を調達して、その資金で価値を生み出し、お金を儲ける。ということなのですが、このビジネスを利用して何ができるのか、何をするべきなのかを考え …

no image

Java2

 今日はjava三昧でしたので、そのアウトプットをしようと思います。javaはオブジェクト志向言語でこのオブジェクト志向というのはより楽に開発するように使う機能ごとに分けて開発を行っていく考えで、新し …

no image

プログラミングについて

プログラミングの本を読みました。今回は実際の処理の裏側で動いている処理を学びました。コンピュータは0と1しか認識できません。人間がプログラムで書く文章を0と1に変換する機能をアセンブラやコンパイラが担 …

no image

読字力3

 今日で読字力の本は読み終わりました。簡単にまとめると、今のデジタル世代の若い世代は深い読みができなくなっていています。理由はリソースが溢れていてより簡単にまとめられた文章が溢れていて、それを読んで理 …

no image

仮説思考

前回まで仮説思考がビジネスにおいて問題解決する際に効率的だというところまで見てきました。網羅的に要件を洗い出していては時間にかぎりのあるビジネスにおいては非効率である程度最初から結論を決めておいてそれ …