未分類

sql

投稿日:

 今日はドイツからイギリスへ金融のことを学びました。イギリスには大きな金融市場があってそこで世界中のお金が動い回っています。どういうことかというと、企業や銀行、政府、個人、様々なお客さんが金利や価値の上昇による売買益を得るために投資をしているのです。普段はアルバイトして時給計算で生きているので想像が難しいのですが、秒単位で果てしない数の取引が行われ、新たなお金が生まれているのです。みんなお金が欲しいわけですから儲けようとトレーダーの人が株価の値動きと睨めっこをして今かというタイミングで購入ボタンを押し、それをやりくりするのです。2008年のリーマンショックはこの投資と金融市場のリスクが多くても余裕で返せるからなんとかなるっしょ精神が引き起こした金融危機です。これによりリーマンブラザーズが破綻し銀行や企業がお金を貸すのをやめ、経済が回らなくなり、国民も巻き込んだ大惨事となったのです。いかに金融市場が経済の命運を握っているのかがわかります。

 今日はsqlをやりました。sqlはデータベースを扱うプログラミング言語で、データを取り出したり、書き換えて保存したり、順番を変えて表示させたり、そのデータを元に統計を作ったりと色々できます。リレーショナルデータベースを主に扱う言語なのですが、これはテーブルでデータを分けてカラムとレコードでデータを保存する方法でこれが一般的となっています。このテーブル同士を紐づけて違うテーブルに書いてあるカラムの内容でグループを作りその合計や平均を出したりできます。SELECTで表示させるデータを記述し、JOIN, ONでテーブルを紐付けさせ、WHEREでカラムの絞り込みを行い、GROUP BYでグループに分けてデータを扱い、他にcount, sum, avgと言った関数を使います。グループ化したデータの絞り込みをする場合はWHEREではなく、HAVINGを使うことも学びました。DISTINCTで重複するデータを除いたカラムのデータを表示させ、ORDER BYでデータの順番を変え、LIMITで表示させるデータの数を制限します。

 プログラミングのしくみでは二進数を学びました。二進数から10進数に変えるやり方はいつも忘れるのですが、10進数が10をかけて桁を繰り上げる方式、つまり基数が10なのに対し、2進数は基数を2とする数え方です。なので桁が繰り上がるたびに倍になっていくと考えることができ、2進数から10進数に変えるにはその桁ごとの2進数に2のn-1乗をかけて各々を足せば10進数になります。コンピュータは2進数で全部のやりとりをするのですが、なぜ二進数を採用しているかというと、電気を流してそれがonとoffなのかで判断するからです。このオンとオフでこれだけ多様なものを表現できているのは意味がわからないですよね。今日一番面白かったところは補数という概念です。補数とは例えば8ビットのデータを扱う演算だとして、00000001の歩数が11111111となります。要するに足して0になる値が補数になるわけで、コンピュータではマイナスを表すのに補数を使います。1 + (-1) = 0 はコンピュータ内では00000001 + 11111111 = 0となるのです。ここでおもしろポイントがコンピュータでは繰り上げの1は無視するというところです。本当ならこの計算では100000000となるはずですが扱うデータを8ビットとしているので桁が繰り上がって外に漏れることになるのですが、これをコンピュータは無視するのです。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

歌舞伎2

 昨日の続きで「歌舞伎入門」を見ています。歌舞伎は昔の出来事を題材にしていて、名前をわざと変えたりしていることがわかりました。戯曲や演劇と違い、物語に文学性を帯サスことはなく、役者が引き立つように物語 …

no image

プログラミング(就活編)

 最近将来のことで悩んでいます。なので今日はプログラミングではなく今考えていることを書きたいと思います。まず、なぜ働かないといけないのか。この答えとしては個人的な考えで述べると、生活できるのであれば働 …

no image

歌舞伎

 今日から「歌舞伎入門」を読んでいます。全く未知の世界なので少しワクワクです。少ししか見ていないのですが、今までのところを書きます。歌舞伎は日本のワビサビとは結構対極的にある立ち位置で、市民の感情を爆 …

no image

仮説思考

前回まで仮説思考がビジネスにおいて問題解決する際に効率的だというところまで見てきました。網羅的に要件を洗い出していては時間にかぎりのあるビジネスにおいては非効率である程度最初から結論を決めておいてそれ …

no image

進化しすぎた脳3

 今日は面接がないのでダラダラしていました。「進化しすぎた脳」ももう直ぐ終わりそうです。ここまでの話を簡単にまとめると、脳は人間の体から受け取る信号を解釈して再度信号を送り、命令する役割を持っています …